★ラウラウ★だいありー

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりにパソ前

ご無沙汰しちゃいましたー。
無事です、生きております、natuです。

コメントのお返事も書けず、実はパソコンの電源入れたのも久しぶりという今日、
実は我が家にちょっとした問題が発生中でございます。

「渡鬼」風のホームドラマをご想像いただければ正解です。(きゃ)

そんなわけで突如私生活のなくなった私。
これからしばらくはこんな調子が続きそうなので
ブログの更新も出来ないぞー、困ったぞー、というお知らせです。

家の方が落ち着いたらすぐにでも再開したいです。
それまでは潔くネット生活からしばらく撤退します。

華仔のニュースからは遠ざかってしまいますが
こっそり影からの応援にまわりますよ


みなさまお元気で~~~(/TДT)/  (って大げさ)



パソコンを開けない日が続くとコメントスパムの削除も出来なくなるので
コメント受付も停止しておきます。
何かありましたらメールにてご連絡いただければ幸いです。


スポンサーサイト

| 雑記 | 11:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

演唱會CD発売だ

こんにちは~。

香港コンサ終了後、大きなニュースが入ってこなかった華仔ですが
うれしいお知らせが届きました!

香港演唱會2007ライブCD 2/1発売   です

ジャケ


yesasia


早いですよね!
DVDの前にCDが出て、ついついガマンできずに買ってしまういつものパターン。
おまけにつられて、手が出てしまう恒例行事。
我慢するのかしないのか、修行僧のような日々の始まりです(大げさ!)

今回も舞台裏DVD付きだし、MVは付いてるし、魅力満載、購買意欲上昇です。
さぁさぁ、どーしましょ


私からもおまけ
ぎょ
(お大仏様~。指が色っぽい)


| 演唱會 | 07:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今イチオシ☆ニッキー・リー(李玖哲)

彼、韓国人なんです。
詳しい経歴はこちらのyes asiaさんで読まれるといいのですが
北京語ネイティブじゃなくても私には関係ない(笑)

その歌声がグーーーーーー
ハスキーな声が、大人~な雰囲気の曲がすっごく気持ちいい。
いま一番みなさんに聴いてもらいたい人です。

買ったCDは下の2枚。

「影子」(2005)
ニッキー!


こちらからはタイトル曲のこの曲を「影子」(日本語の怪しいナレーションは余計だぁ)



「想太多」(2007)
かわいいかも

こちらからも同様に「想太多」を。


いかがでしょうか~。
大人の雰囲気でしょう。
茶碗洗いながら聴いていても
ホテルの最上階ラウンジにいるみたいな気分にさせてくれます。

もう1枚はその時品切れで買えなかったアルバム。
今度こそ!
さわやかニッキー


Baby是我 (限量版)(DVD付) (台湾盤)Baby是我 (限量版)(DVD付) (台湾盤)
(2006/05/08)
李玖哲(ニッキー・リー)

商品詳細を見る

| 中華ポップス | 19:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

彼もいいんだなぁ☆デビッド・タオ

「太美麗」(2006)
少年のよう

デビッド・タオのCDは送料をただにするために買ったんです。
それでも、いろいろなところで出来の素晴らしいアルバムだと目にし、
R&Bの教祖だというその名前もよく目にしていた事から、彼にしてみようと選んで。

だから、なんの期待もせずに聴き始めたんですね。
そしたら、予想もしなかった耳になじむ声、伸びる声、感じのいいメロディ。

おぉぉぉ、さすがその高名の通り。
若いのにすごいなぁ。台湾、いい歌手がいっぱいいるなぁと。

ところがさっきです、これを書くためにプロフィールを調べていたら
彼はなんと御年38歳のベテラン歌手だったんです(びっくりしているのはきっと私だけ)

いやー、ジャケット写真見ても気づかなかったし
だって、声が、若者の声ですもの(強引な理由)。



もうひとつ、耳に離れなくて仕方ないのがこちらの曲。
台湾の歌姫ことジョリン・ツァイ(蔡依林)とデュエットした「今天你要嫁給我」
ジョリンの声は顔に似合わず(爆弾発言か)かわいくて思わず聴き入ってしまいます。



デビッド・タオのアルバムがもっとほしい。





| 中華ポップス | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上海のジェイことアンソン・フー(胡彦斌)

きっと聞いたことも見たこともない名前ですよね、皆さん。
私もつい数ヶ月前に知って、下のCD3枚を買ったばかりなんです。

「文武双全」(2002)
ね。


「MuSic混合体」(2004)
ね、ね。


「音楽密碼」(2006)
下向き


ちょっとした衝撃を受けたのではないでしょうか。
前出のゲイリー・ツァオがカッコよく思えてきたでしょう(ヒドイ…)

でもね、彼はシンガーソングライター、顔で売ってるわけじゃないんです!
実力だって折紙つき。
彼が16歳の時に出場したコンテストであの小室哲哉氏に絶賛され(過ぎ去った時代を感じますが)、現在“上海のジェイ・チョウ”と呼ばれているのです。

この“上海のジェイ・チョウ”というフレーズに導かれ、CDを一気に3枚買ってしまったわけなんですが、そうだなぁ、それはちょっと、言い過ぎかも(ぶっ)

でもですね、私も試聴していい!と思って買ったわけで
そのなかでも惚れたぜ♪と思ったのがこの曲だったんです。

「waiting for you」(アルバム「MuSic混合体」より)



いいでしょう♪
他のも全部こんな感じの曲なのかなぁと予想したらちょっと外れて、
こうなんというか、若さあふれて少しうるさい感じが…。
元気はいいんだけど、私にはちょっとシャカシャカしすぎでリピート率が低めです。

でも最新作「男人歌」(2007)はもっぱら大人になったアンソン・フーという評判なので
やっぱり聴きたいなぁとは思うのです。
ちょっとステキにもなった?



| 中華ポップス | 12:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。