★ラウラウ★だいありー

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メガネ華仔

五虎仲間の苗僑偉(ミウ・キウワイ)がメガネ屋さんをオープンし
そのお祝いにかけつけた華仔。

だからメガネかけてるんですね。メガネ男子
(靴が…靴が…)

いつも黒ぶちだなぁ。


先生っぽくて、固そうで、なんかグー


最新四虎
(みんないい笑顔だ)



それともうひとつyahoo!ニュースから気になる話題を。

シュー・ジンレイとは「あり得ない」!

読みましたか!!華仔の恋愛観。
「・・・僕はそういう激しい愛じゃなくて、刺激はなくてもゆったりと永遠に続くような穏やかな愛が好きなんだ」ですって!
華仔、あなたは絶対結婚向きの方男性です。
結婚して!(私と)


「アランがいなかったらコンサートはできなかった!」

いつも何事もなかったように超然とスーパースターでいてくれる華仔ですが
悩んで苦しむ事もあるんだってこと、あらためて気づかせてくれます。
がんばって~華仔。私もがんばる!!(とりあえずこれから買い出しに全力投球。冷蔵庫が空なのです)
スポンサーサイト

| アンディ・ラウ | 09:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニュースレター81号

暮れも押し迫ってきました。
今日は毎年恒例の餅つきの日。
義父母宅でたくさんのお餅をついて、鏡餅もこしらえ、
大晦日に向けていやがおうにも年の瀬モードが高まってきます。

家に帰るとポストには天地からのニュースレターが届いていました。
ステキな写真たっぷりで華仔の活動を追う事が出来ます。
つい最近あった『投名状』のプロモーションや
クリスマスイルミネーション点灯式の様子も載っていて
天地のスタッフの方の忙しさがうかがわれました。

華仔手記はいつにもまして哲学的な、教訓的な雰囲気。
華仔はいつもこんな事考えてるんだなぁと思うと
その人間の大きさ・深さに驚いてしまいます。
こんな思考で生きているからこそ厳しい芸能界で20年以上大スターでいられるのか
その20数年がこういった思考を培ったのか
いずれにせよ、華仔とは、深いお方です。


そうそう、wowowでは元旦から『墨攻』が放送されます。
2008年の始まりは上々だゎ!



| アンディ・ラウ | 18:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクドナルドハウスのCM

先日お伝えしたマクドナルドハウスの星級監護人となった華仔ですが
そのCMがyou tubeにて観られました。

バックに流れるのは新曲の「没有翅膀的天使」。

無邪気に子供達と遊ぶ華仔に笑顔になるとともに
病気の子供たちへの真剣なまなざしも感じられるCMです。

| アンディ・ラウ | 17:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東亞唱片と契約

昨日は新譜「Everyone Is No.1」の発売日でしたね。
予約された方もたくさんいらっしゃると思います。
手元に来るのはいつ頃になるのか楽しみですね♪
クリスマスには間に合うかな~

さらに昨日はもうひとつ大きなニュースがありました。
FOCUS GROUPという会社を持つ華仔ですが
昨日“東亞唱片”と3年間の契約を交わしました。

どうやら(訳が間違っていたらごめんなさい)この契約によって
・華仔の会社focusmusicの持っていたすべての歌の著作権が東亞唱片に属する
・マネージャーと映画会社はfocusのまま
ということのようです。
その第一弾として昨日同日に「Everyone Is No.1」が発売されました。

以前から東亞と華仔の協力は頻繁で
アルバム『聲音』や映画『無間道』、次回作の『投名状』も東亞の発行。

華仔いわく
「曲の著作権の帰属は変わるけどそのほかは今までと何も変わらないんだよ。
自由に曲を作ることは出来るし、今まで通りの仲間で引き続き音楽を作っていける。
僕は音楽面での管理運営が比較的素人だからその部分をやってもらうんだ」(意訳)
ということ。

また同じ東亞にはサミー・チェンやレオン・ライも所属していて
昨日の記者会見にはそのサミーがお祝いに駆けつけてくれました。

写真↓


≫ Read More

| アンディ・ラウ | 11:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紛らわしいっ

足…


ピーター・チャン監督と共に『投名状』のインタビューを受けた華仔。

劇中、脚本に指示はなかったのに感情が抑えきれず泣いたシーンがあって
しかも撮り直した14回とも本当に泣いたそうです。
役者・劉華、素晴らしいです!

…とまぁ、そんなことより(え?)私が気になったのは上の写真。
ぱっと観た瞬間、お姉さんと(こっちも?)華仔の足が絡み合ってるように見えたんですゎ。

華仔の左足がお姉さんの足の上に乗っていると…。

「どんなプレイよ!インタビューに乗じてそんなお願いしちゃって!」
と0,1秒の内に沸騰した私の脳内。

画面に近づいてよーく見たらぴったりくっついてるだけだったんですけどね。
いや、それもずるいですけどね。

お姉さん、ちゃんと腰を抱いてもらってるし、
しかも指輪をした色っぽい人差し指で
華仔の膝をソフトタッチしてませんかっ!?

気のせいか。
被害妄想か。

いやあの真っ赤なルージュとハイヒールは女全開できてる。
華仔仕様に勝負しにきてる。


| アンディ・ラウ | 12:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。