★ラウラウ★だいありー

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新譜届きました♪

かっちょい~


「Everyone is No.1」が今日届きました!

今夜は義父に頼まれた年賀状でも印刷するかと思っていたのに
もうそれどころじゃない

夕方再配達してくれた郵便局のおじちゃんへの挨拶もそこそこに
がばーっとパッケージをひん剥きました。

「あれ、意外と小さい」

写真集つきという頭があったので「再説~」くらいの大きさを想像していたんですが
普通の、香港フリーサイズではない大きさでした。

「え?じゃ写真集って?」

はい~ご心配なく。ちゃんと付いてましたよ!
歌詞カードのような薄さでしたけど
中身が

ぞくぞく、ぞわぞわしちゃう写真で、ありがたーい。
ファンサービスたっぷり。
またまた私達の希望をわかってやってくれてる華仔に多謝!

私を見て笑ってくれている写真は(何か?)
ベスト3に入るお気に入りです。
うふふふふふふふふふふ。

MVのDVDはやっぱりPAL方式でパソコンで鑑賞となりました。
you tubeで観るのと違って字幕が良く見える!
「帰宿」ではお姉さんがよだれを流してるのが見えて驚きましたよ。

元々、あの設定については「寝るなー」とかいろいろ言いたいことがありますが
よだれまで流す始末。
私も流したろか。

でも意外と、流せといわれて流せない事に気づきもしました。
お姉さんも大変だったのかな~(笑)

「投名状」もよくぞ華仔の部分だけ切り取ってあんなにステキなMVを作ったわ~と
変な感心の仕方をしつつ、華仔の演技に感涙。
映画館で観たらどうなってしまうんだろーって、本当に心配です。

あともうひとつびっくりしたのが、香港演唱會のテーマ曲である「一起嗌」が
ゲイリー・ツァオ(曹格)の作曲だったこと!

曹格のいつもの曲風とはまたタイプの違った曲だったけど
華仔と曹格のコラボがうれしくないはずがありませんっ~。

CDは明日ゆっくり聴きますね。
皆さまのもとにもはやく届きますよーに♪
スポンサーサイト

| アンディの歌 | 22:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新譜DVDの中身

昨日お伝えした新譜についてくるDVDの中身が判明しました

1. Everyone Is No.1(完整版)
2. 兄弟
3. 投名状
4. 牧笛
5. 一
6. 超人
7. 帰宿
8. 一塊銭
9. 只想抱抱
10.一起[0益]
11.Everyone Is No.1(歌曲版)

ぜひとも見入りたいと思っていた「一」と「帰宿」が入っていてうれしいぞ♪



| アンディの歌 | 10:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12/5新譜発売!

出ますよ~お待ちかねの華仔の新譜♪
「Everyone Is No. 1」

かっちょい~
(香港演唱會ポスターと同じ前髪ライン。あの時撮ったのね)


いつもの如しと「一隻牛的異想世界」のMV付きセカンドバージョンを待っていた
あなたにも朗報(良くぞガマンしました!)

今回はセカンドバージョンどころか

disc-1は広東語の新曲3曲を加えた広東語ベスト
disc-2は國語の新曲3曲を加えた國語ベスト


さらにDVDとして11曲の未発行ミュージックビデオとくれば
これはまさしく「一隻牛的異想世界」のMVでしょう

同じCDをMVのために2枚買うのかという葛藤を
見事に解決してくれたこの商法。

ベストだからもってるCDにもう入ってるわけだけど
あらたな組み合わせで聴くのもまたいいですからね。

さらにさらに、秘密の私生活がのぞける写真集もついてくる!
(オフショットって書くよりドキドキするでしょ)


詳しくはこちらをどうぞ yes asia


| アンディの歌 | 13:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンディ・ラウと中孝介

昨日モナミさんから教えていただいたテレビ東京「みゅーじん」を観ました。
アンディ、出ていました!

中孝介(あたりこうすけ)をクローズアップし“アジアで熱い男”という視点から彼を紹介する内容でした。
そして彼が今「なぜこれほどアジアで人気なのか?」という答えに華仔が登場してきました。

番組で流れたナレーションから抜粋しますね。

「・・・香港四天王の一人アンディ・ラウが、まだ無名だった中のデビュー曲『それぞれに』を気に入り広東語でカバーした事から始まった。
その後台湾でアルバムを発売。中の人気は香港から台湾、そして中国へと広がっていった。」
(画面には華仔の写真、そしてバックには「紅顔自閉」が流れていました)


やっぱり中孝介さんの人気は華仔がきっかけだったんですね!
華仔が目をつける以前にアジアで人気があったのかと思っていたのですが
きっかけは華仔だった。
さすが、その影響力はすごいです。

中さんの声って、シマ唄のコブシまわしって、どこか懐かしいんですよね。
昨日私が感じたのは、華仔の歌にある匂いと彼の歌ってどこか似てるんじゃないかなということ。

「うるさい音楽は好きじゃない」」と言う華仔にとって
メロディラインが丁寧な中さんの曲は
華仔のセンサーにびびびっときたのじゃないかな~と。

いつかアジアの音楽祭で華仔と中さんが共演するのを見てみたいなと思いました。

| アンディの歌 | 11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MVのメイキング

はるか昔からアップされていたのにクリックしなかったから気づかなかったのですけど(あぁなんておバカ)
awc618.comのTOPページのnewアルバム宣伝のところから
正式にMVやそのメイキングが観られるようになっていたんですねぇぇぇ。

「一」と「壹塊錢」のメイキングをはじめて観て軽く興奮しています。
オールバックにTシャツという姿の華仔がなんかツボでした。
家で着替えてる華仔…それを手伝う私…というシーンを妄想しました。

「壹塊錢」では時々差し込まれる連杰の写真がキュートすぎました。

遅い興奮、申し訳ありませんっ。


そうだ、しつこいようですが「準備完了」となって映像が観られない方はこちらをご参考までに。

| アンディの歌 | 15:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。