★ラウラウ★だいありー

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今イチオシ☆ニッキー・リー(李玖哲)

彼、韓国人なんです。
詳しい経歴はこちらのyes asiaさんで読まれるといいのですが
北京語ネイティブじゃなくても私には関係ない(笑)

その歌声がグーーーーーー
ハスキーな声が、大人~な雰囲気の曲がすっごく気持ちいい。
いま一番みなさんに聴いてもらいたい人です。

買ったCDは下の2枚。

「影子」(2005)
ニッキー!


こちらからはタイトル曲のこの曲を「影子」(日本語の怪しいナレーションは余計だぁ)



「想太多」(2007)
かわいいかも

こちらからも同様に「想太多」を。


いかがでしょうか~。
大人の雰囲気でしょう。
茶碗洗いながら聴いていても
ホテルの最上階ラウンジにいるみたいな気分にさせてくれます。

もう1枚はその時品切れで買えなかったアルバム。
今度こそ!
さわやかニッキー


Baby是我 (限量版)(DVD付) (台湾盤)Baby是我 (限量版)(DVD付) (台湾盤)
(2006/05/08)
李玖哲(ニッキー・リー)

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 中華ポップス | 19:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

彼もいいんだなぁ☆デビッド・タオ

「太美麗」(2006)
少年のよう

デビッド・タオのCDは送料をただにするために買ったんです。
それでも、いろいろなところで出来の素晴らしいアルバムだと目にし、
R&Bの教祖だというその名前もよく目にしていた事から、彼にしてみようと選んで。

だから、なんの期待もせずに聴き始めたんですね。
そしたら、予想もしなかった耳になじむ声、伸びる声、感じのいいメロディ。

おぉぉぉ、さすがその高名の通り。
若いのにすごいなぁ。台湾、いい歌手がいっぱいいるなぁと。

ところがさっきです、これを書くためにプロフィールを調べていたら
彼はなんと御年38歳のベテラン歌手だったんです(びっくりしているのはきっと私だけ)

いやー、ジャケット写真見ても気づかなかったし
だって、声が、若者の声ですもの(強引な理由)。



もうひとつ、耳に離れなくて仕方ないのがこちらの曲。
台湾の歌姫ことジョリン・ツァイ(蔡依林)とデュエットした「今天你要嫁給我」
ジョリンの声は顔に似合わず(爆弾発言か)かわいくて思わず聴き入ってしまいます。



デビッド・タオのアルバムがもっとほしい。





| 中華ポップス | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上海のジェイことアンソン・フー(胡彦斌)

きっと聞いたことも見たこともない名前ですよね、皆さん。
私もつい数ヶ月前に知って、下のCD3枚を買ったばかりなんです。

「文武双全」(2002)
ね。


「MuSic混合体」(2004)
ね、ね。


「音楽密碼」(2006)
下向き


ちょっとした衝撃を受けたのではないでしょうか。
前出のゲイリー・ツァオがカッコよく思えてきたでしょう(ヒドイ…)

でもね、彼はシンガーソングライター、顔で売ってるわけじゃないんです!
実力だって折紙つき。
彼が16歳の時に出場したコンテストであの小室哲哉氏に絶賛され(過ぎ去った時代を感じますが)、現在“上海のジェイ・チョウ”と呼ばれているのです。

この“上海のジェイ・チョウ”というフレーズに導かれ、CDを一気に3枚買ってしまったわけなんですが、そうだなぁ、それはちょっと、言い過ぎかも(ぶっ)

でもですね、私も試聴していい!と思って買ったわけで
そのなかでも惚れたぜ♪と思ったのがこの曲だったんです。

「waiting for you」(アルバム「MuSic混合体」より)



いいでしょう♪
他のも全部こんな感じの曲なのかなぁと予想したらちょっと外れて、
こうなんというか、若さあふれて少しうるさい感じが…。
元気はいいんだけど、私にはちょっとシャカシャカしすぎでリピート率が低めです。

でも最新作「男人歌」(2007)はもっぱら大人になったアンソン・フーという評判なので
やっぱり聴きたいなぁとは思うのです。
ちょっとステキにもなった?



| 中華ポップス | 12:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続いてゲイリー・ツァオ(曹格)

今まで書いてきたジェイ・チョウ、ワン・リーホンと並んで日本デビューしているのが
ゲイリー・ツァオ(曹格)。

発売したアルバムはまだ2枚だけですが(最近3枚目が発売されました)、彼もすごい実力を持ったシンガーです。

上の二人よりカリスマ性、アイドル性がない分(失礼)、より歌の実力が際立って見えます。
声がね、強力な武器なんですよ。

高音で甘く繊細に歌い上げたと思ったら、低音で重く響かせる。
その交互の攻撃にあっというまに虜ですよ。

ゲイリーの力強いヴォーカルに出会ってからしばらくは
ジェイの歌声に物足りなさを感じてしまったくらいなんです。
(今では二人の違いもわかるし、比較することはないんですが)

あともうひとつ、びっくりしたのが・・・お顔。

正直言ってジェイも始めて見た時は「え?」って思ったけど(告白)
ゲイリーはその上をいった。

どこかで読んだプロフィールにも、彼の書いた曲に興味を持った人が見に来ても
その姿をみてデビューは無理だと帰って行ったとか書いてあったな。

でもね、でもでも歌は顔じゃないんです。
今ではそんな彼の顔だってイケテル、イケテルって思いますし。
(ホント。その理由は今後の記事にて詳らかに!)


そうそう、最近は華仔の新曲「一起嗌」(香港演唱會テーマ曲)の作曲を手がけたり
自身も初めての広東語曲を歌ったりしています。

そろそろ3枚目のアルバムが聴きたいぞーと思っていたら
最近発売されているのを今知りました!買います♪



ファーストアルバム
BlueBlue
(2006/06/21)
ゲイリー・ツァオ

商品詳細を見る

「superwomen」は彼を音楽に目覚めさせた曲のカバー。
音域32度の及ぶ難しい曲を世界初、男性ヴォーカルでカバーしたそう。歌の上手さ、聴いて下さい!
「世界唯一的你」はオーディション番組でよく歌われているみたい。せつない系のいい曲。
全部聴かせてくれるいい曲ばっかりで選べませんが
「数到五答応我(五数えたら答えて)」の歌詞、
1番は中国語で「イー、アル、サン、スー、ウー」、
2番は「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ」のところが気持ちいいですよー。

superwoman


数到五答応我


セカンドアルバム
SupermanSuperman
(2007/04/18)
ゲイリー・ツァオ

商品詳細を見る

私が持っているのはこのジャケットじゃないんですが、
男くさいアップの写真ですねぇ(確かにこういう撮り方の方がカッコよく見えます)

「背叛」は歌い上げて聴かせてくれるいい曲。
反対に「3-7-20-1」はノリのいいかっこいい曲。
「你是我的宝貝」はゲイリーが女の子に電話をかけてちょっと聴いてくれる?と
受話器越しに歌い始める設定がかわいい。最後に切られてるところも(笑)

背叛


サードアルバム
Super Sunshine (台湾盤)Super Sunshine (台湾盤)
(2008/01/04)
曹格/ゲイリー・ツァオ

商品詳細を見る

このジャケットを
女子?
思い浮かべませんでしたか?(笑)

はやく聴いてみたいですね~。
全部“super”がらみなんですねぇ。

| 中華ポップス | 10:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お次はリーホン

ジェイの次はワン・リーホン(王力宏)。

“オウリキヒロシ”と入力すれば
すぐ出てきてくれるわかりやすい名前がありがたい。

台湾音楽界でジェイと並んで男性2トップの二人。
私は思いっきりジェイと比較してのリーホン入門でした。

父母の不仲、離婚、母子家庭という環境で育ち
勉強や進学、就職で苦労し、デビューまでも順調ではなかったジェイ。

それに対し、お父様は医者、お母様は経営学修士、
兄はシカゴ大学医科大学院、弟はマサチューセッツ工科大学、
自身もバークリー音楽院卒の勉強よし、顔よし、育ちよしのリアル王子様・リーホン。
もちろん音楽の才能はあふれ、あらゆる楽器をこなす。


こんな彼の作る音楽、キレイすぎてつまんないんじゃない?って思っていたけど、
逆にその育ちのよさからくる素直さの表れた音が気持ち良かったんです。
「あぁ、青空の下で、私生きている。」という幸せを感じてしまう曲。


ジェイの音楽は切なくて苦しくて、
心の薄暗い部分を刺激されて「いっそ認めて涙を流してしまえ!」という
不可抗力に落とされる音楽。
どんなに明るい曲でも、いっつも切ない。

リーホンはどんなに切ない恋愛を歌っても、悲しい別れがあっても
「明日はまた晴れる」と思わせてくれる。
人生っていいと思わせてくれるのです。

家族や友達、多くの人に愛されて育ち
だからこそみんなを愛せる。
認められ、受け入れられて育ったからこそ
周りの人を尊敬できる。
そんな壊しようもない自己肯定がリーホンの音楽には表れていると思います。

要するに、聴いていると心がすっとしてくるような、
青い空に青い海でミント系のガムをかんだような、
そんな気分にさせてくれる歌を歌う人なのです。


初めて聴いたアルバムはこれ。
Heroes of the Earth (香港盤)Heroes of the Earth (香港盤)
(2005/12/30)
王力宏 (ワン・リーホン)

商品詳細を見る


裏声の美しい「Kiss Goodbye 」や
“這是愛 我們的愛~”のメロディが中毒になる「第一個清晨」はオススメ。
韓国のピ(Rain)とコラボした「完美的互動」はカッコよくてぜひ聴いてほしい。
これがきっかけでRainまで聴くようになりました。ついに韓流進出。


あと持っているのは
心中的日月(シャングリラ)心中的日月(シャングリラ)
(2005/09/21)
ワン・リーホン

商品詳細を見る


タイトルになっている「心中的日月」は中孝介もカバーしています。


最新作の
Change Me/改変自己Change Me/改変自己
(2007/08/29)
ワン・リーホン

商品詳細を見る

「落葉帰根」は映画『色・戒』の主題曲。
「我們的歌」は気持ちのいいテンポでつい電車の中でも体が揺れてしまう曲。
「星期六的深夜」はピアノとギターの静かな演奏にリーホンの透き通る声が甘く響く。
夜、本当に深夜を思わせる曲だな。


びっくり仰天したのがこれ
HEAR MY VOICEHEAR MY VOICE
(2004/06/23)
ワン・リーホン

商品詳細を見る


ここ数年で一番大きな「なんじゃこりゃ」を私に吐かせた仰天の全編日本語アルバム。
自分の耳を疑いました。
どこに日本人じゃない発音がありましょうか。
いじわるなあら捜しにも耐えうる完璧な発音。
このアルバムでリーホンの音楽的才能のひとつであろう耳のよさを納得させられました。
神様にたくさんの才能をもらって生まれてきた人なんですね。
でもちっともイヤミじゃないところがまたすごいじゃないですか。


| 中華ポップス | 14:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。