★ラウラウ★だいありー

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そういうことか!

awc618.comの討論區の仕組みがだんだんわかってきました!!
ここに時々華仔からのメッセージが届いて、前の華仔日記にあたる部分になるのかしら。

そして前よりパワーアップしてるのは、みんなからの伝言を読んで、華仔が返事を書いてくれてるって事なんですね。

なにしろ、書いてあることがほとんどわからないので、どんな内容のメッセージに華仔がどう答えてくれてるのかお伝えできないんですが、これってすごいことですよね!!!

華仔にがんばれとか、こう考えてみればとか言ってもらえたら、その言葉を一生の宝物にして胸の奥に大切にしまって、ずっと抱きしめながら生きていけますもの。
すごいなぁ、これって、すごいことだなぁ。

華仔の生の言葉には、人間性も表れてるんだろうな。
そういうの、喉から手が出るほど、いや、目から目玉が飛び出すほど読みたいんですけど、またしても言葉の壁にぶち当たってますなぁ。

でもへこたれないぞー!!
私には辞書があるさ!!
いつか全部読んでやるぅ。
(またいつかですね

イベントで華仔に会ったら、広東語で話しかけてみたいです。
伝わらなくて、華仔に苦笑いされたらどうしようとか、
華仔を困らせるくらいだったら黙ってようとか、
変な決心をした今日の午後でした。



1431353028.jpeg
(ホントにホントに、この華仔に会えるんですよね~
スポンサーサイト

| アンディ・ラウ | 20:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたーーーー!!!

アンディが日本でやる天地イベントのお知らせがのってました~
こちらです

取り急ぎ、大急ぎお知らせです。
私もこれからじっくり読んできます。
あぁ、出かけたくない~

あすかさん、情報ありがとうございました


会場はこちらの桃山というお部屋だそうです 

| 「愛と死の間で」 | 05:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気づくの遅いって(汗)

awc618.comの討論區のコーナーに、華仔が伝言を残してあるのをご覧になったでしょうか!?
私、遅まきながらさっき気づいて、あわてて翻訳サイトにかけてみました。
それによると、
“2007年から華仔天地の会員期間に5年を選べるようにして、毎年の更新手続きを省略できるようにする”
計画があるとか。

これ、朗報ですよねー
特に海外メンバーにとっては、更新が5年に1回で済むのは、ちゃんと届いたかなー、不備なく更新できたのかなーなんていう心配が5分の1に減るってことですもん。
来年から入会した人は10年の老人精までに2枚の会員証になるってことか~。
写真が5年前のだとずいぶん変わってるかもしれないけど、若さを保つためにはいいカンフル剤になっていいでしょうか(笑)

「華天航空」の航路に、日本が1番最初にあげられていましたね。
それがちょっとうれしかったりしました


華仔からの伝言、こういう華仔の言葉こそ、きちんと訳してみたいなーと思います。
あとで辞書片手にがんばってみるとしようかしら。
あとで…ってのが、あやしいんですけれど。
かなりあやしいんですけれど

| アンディ・ラウ | 05:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乗るぞ銚子電鉄!

毎年恒例、母娘孫の夏の旅行の行き先に、今年は銚子を選びました。
そうでーす、

乗ってきますよ銚子電鉄
行ってきますよ仲ノ町駅

2006-06-27.jpeg
(この駅ですよ~)


香港に行ってきますと言えれば1番最高なんですが、とりあえず現実的にいける場所なので!
もちろん、これだけが目的じゃないですよー
ちゃんと子供達用に犬吠崎マリンパークにも行くし、大人用にはおいしいご飯と朝日を眺めながら入れるお風呂のあるいい旅館も見つけたので、うはうはです。

行ってきたらまたご報告しますね。
行く前に、もう一度観なくっちゃ「マジック・キッチン」

| アンディ・ラウ | 09:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヘアスタイル第2弾

今日は映画の中での“古装長髪”をリストアップしてみました。

①ほどよいほつれ加減「LOVERS」
fe121.jpeg

②若い色気「戦神ムーン・ウォーリアーズ」
910.jpeg

③とにかく美しい「決戦・紫禁城」
2378.jpg

④これしかなかったのごめんなさい河童じゃないのよ「天空伝説ハンサムシビリング」
367ii.jpeg


古装でない長髪なら昨日あげた「ベルベット・レイン」のほかに「スター伝説」がありましたね。
そうです西城秀樹風のです。
上の4つで選ぶなら(実質3つですが)③がダントツで好き。
だってドキドキするもの~美しすぎるもの~!!




| アンディ・ラウ | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どの髪型が好き?

突然ですが、みなさんは華仔のどんなヘアスタイルが好きですか?
①つんつん
s24.jpeg

②オールバック
may169.jpeg

③前髪立ち上げ
1169.jpeg

④ナチュラル七三
01824.jpeg

⑤さらさら
thm_mf022030.jpeg

⑥銀髪
thm_m3015254.jpeg

⑦金髪
2430.jpg

⑧短髪金髪
ma3i.jpeg

⑨くるりんパーマ
1101978894.jpeg

⑩かつおくん
augu200.jpeg

⑪ロン毛
fe136.jpeg


私は③の「インファ~」の髪型が好きだなぁ。
最初に見た華仔なので刷り込まれてる気がします。
①のつんつんもいいし、⑦の金髪は興奮するし、⑤のさらさらは目を奪われるかわいさですよねー。

皆さんはどの髪型がお好みかしら
おひまな時にでもふるってご参加くださーい!!

| アンディ・ラウ | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

涙が伝えるもの

負けちゃいましたねぇ、日本代表。
昨夜は8時に寝て朝の目覚めは最高だったのですが、うーん、力の差、完敗ですね。(玉田の先制点は気持ちよかった!)

試合後、驚きの涙を見ました。
中村俊輔。
グッとこらえてインタビューに答えようとしながらもそれが精一杯で言葉にならない。
インタビュアーにも「辛いところをすみませんでした」と思わず言わせたほど。

中田英寿。
あぁ、この人はあきらめてなかったんだ、と今日になってはじめてわかりました。
ピッチに倒れこんで起き上がれない。
それだけでもらしくない行動なのに、タオルで顔を隠し、チラッと見えた目は真っ赤。

中田が泣いてる…。

起き上がらせようと近寄ってくるベンチ陣もなすすべもなく、最後はただそばにしゃがんで見守っていましたね。

中田は何に悔しがっていたんだろう。
思うようにならない自分のプレイ?
それともイメージどおりに動いてくれないチームメイト?
もっと言えば、自分が日本人であることにすら苛立ちを覚えているのかもしれない。
サッカーがまだ強くない日本という国に。

二人の男の涙にもらいなきした朝でした。
特に中田を見直してたんだけど、最後の記者の質問に「話聞いてますか?」といつもの、いや、久しぶりかな、中田節が…。
八つ当たりしてるように見えたぞ。
まだまだとんがってるんだなー。
誰もが自分と同じように理解できるわけじゃないのに、そこが受け入れられないんですね。
人一倍悔しいくせに、そんな態度で必要のない反感をかってしまう。
不器用な人だ。

さぁ、負けが決まってしまうと意外とすっきりするもので、4年後の南アフリカ大会に意識が向いてきました。
監督は誰になるんだろう。
決定力のあるフォワードは育つんだろうか?
日本代表を見守る4年間を、また楽しみたいと思います。


| 雑記 | 09:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じらされてる

「愛と死の間で」のブログを新着情報がないかと毎日チェックしに行っていますが、『香港レポート』じらしすぎだよー。

16日(Vol.1) 香港に着くまで。飛行機レポ(笑)

20日(Vol.2) アンディが部屋に着くまで。取材部屋レポ(笑2)

21日      アンディ・ラウ in 『愛と死の間で』とな!アンディは部屋の前まで来てるっていうのにぃ。じらし上手ですね、Tさん

さっき朝の芸能ニュースを見ていたら、トム・クルーズがファンを乗せた新幹線を借り切って、各車両をまわってファンミーティングをしたという映像が流れました。
「息ができません」
「鼻をさわっていいですか?」
「ハグして下さい」
みなさん英語でお願いしてました。
通路は狭いのでかなりの密着度でした。

うらやましいーこんな企画。
さすが世界のトム・クルーズ、企画も大盤振る舞いですね。
つい、華仔とのイベントを重ねてしまいました。
我を忘れて大騒ぎするファンにもあたたかい視線をおくってしまった。
他人事じゃないですからね、明日はわが身(笑)


augu246.jpeg
(今寝起きで書いてるもんで、この写真に反応しちゃいました。クマになりたい。)

| 「愛と死の間で」 | 05:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アジア語楽紀行~旅する広東語~

NHKテレビアジア語楽紀行/旅する広東語 /

広東語学習者の皆さまはきっとご覧になってますよね。
あと香港が好きという方も、見てるのかなー。

番組の存在は知りつつも一度も見てない私ですが(最近、「中国語会話」も録画ばかり~)、本屋さんでこれをみつけて、即買いしてしまいました。
この1冊で番組の全12回分のテキストになっているようで、わかりやすく、とっつきやすい文面になっています。
あと、他にコラムのようなページが満載で、香港の歴史・映画・食・神々・自然・交通・武術・マカオについての豆知識を得るのにかなり役立ちます。
もちろんアンディ・ラウの名前も「インファナル・アフェア」の記事で紹介されてましたよ。

肝心な学習ページは、いつかやろうと思います。
買って1週間、コラムばっかり読んでます!!


| 中国語 | 11:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

華仔ニュース

サボリ気味だった華仔関連のニュースをチェックしにいったら、いくつか拾ってこれました。
もうすでに見た方もいると思いますが、UPしときますね。

その1
6月の初めにテレビにゲスト出演した時の動画ニュースだと思います。
二人とも仏教徒なので仏像をプレゼントされたというニュース、覚えてませんか~?
レストランでお茶を飲むなんでもない姿が、男前だと絵になりますね~。
関係ないんだけど、インタビュー中、めがねの方が「たまごっち」って言った気がする。
空耳だろうけど、絶対言ってる!!

その2
新しいアルバムの題名は『聆聴世界的声音』というのですね。
華仔はぜんぜんぶよぶよじゃないよー!!

may83i.jpeg
(はらり前髪が素敵

| アンディ・ラウ | 11:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆新着情報☆

「愛と死の間で」の公式サイトの
About Andy LauPhoto Gallery
が見られるようになっていましたよ~

コチラ

私も今からゆっくり読みにいってきまーす。



行ってきました!
発見がひとつ。
「蒼き獣たち」って「あおきおおかみたち」ってよむんですね~。
けものってまんま読んでました。
へ~勉強になったな。

あと、細かいようだけど「武闘派列伝」「英雄列伝」⇒「×列 ○烈」だと思うぞ。

| 「愛と死の間で」 | 21:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

父の日だったということで

突然ですがアンディパパです。
augu117.jpeg
(クリックして大きくして見てね)
どこが似てるっていったら、やぱり鼻、鷲鼻
この遺伝子は強し!
口元も似てるかな。
上唇の薄い感じが同じだ。
目も二重の幅が一緒~。

あららそっくりってことねぇ。
でも一瞬でそう思えないのは何でだろうとよく見たら、眉毛ですね。
眉毛がパパはりりしくない。八の字眉毛だもの。

ちなみに華仔の○○年後はこんなパターンがありました。

(「暗戦」より)
augu123.jpeg


(「童夢奇縁」より)
augu126.jpeg
(ここもクリック!)
素晴らしすぎる肌の質感ですよね。
パパの写真よりリアル。

でもこんなおじいちゃん、カッコいいよな


| アンディ・ラウ | 12:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンコムリニューアル!!

たかなさん、早い情報ありがとうございます!
アンコムのリニューアル、今日からでしたねっ。
さっそく行って来ました~

でもやっぱり忘れてた入り方。
パスワードはどれだったっけ!?
きっと同じようにお困りの皆様も多いかと思うので、入り方講座緊急開催いたします。
(ココを入力しなくても見れる場所はたくさんありますが、天地会員の方なら最初に入力しちゃった方が楽ですよね)


まず新しいサイトはこちら 
(※前のアンコムは入れなくなっていますのでご注意)

そしたら会員ナンバーとパスワードをいれる画面が出ると思うので二つを入力。
この会員ナンバーとは、ファンクラブ(華仔天地)の会員証に記されているAWCJP○○○○○(○は数字)。
パスワードとは、天地に入会申請した時に登録したパスポートナンバーもしくは免許証番号の最初の6桁の数字です。
この時注意するのはアルファベットは除いて数字だけを入力するってこと。
以前達さんに教えていただいたことの受け売りですが、みなさん気をつけて下さいね~。

いろんなところに行ってみると、いろんなパターンのパイロット姿がみれて楽しいです!!
私はさっそく壁紙をダウンロードしてきました。

それにしてもなんでパイロットなんだろ。
制服&制帽が似合うって事、華仔も自覚してるのかな
確かに大歓迎でーす。

| アンディ・ラウ | 13:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

徒然なるままに…

昨日は香港で、華仔天地の18周年記念パーティーが行われていましたね。
参加しているrikuさんから「今会場待ちでーす」なんて臨場感あふれるご報告があったりして、私も気分を少しおすそ分けしていただきました。
すっごい楽しいイベントだったそうですよ~。
ご報告が待ち遠しい~

「愛と死の間で」の華仔の来日日程も決まりましたし、生華仔との対面がいよいよ現実味を帯びてきましたね。
あぁちょっとコワイ。
なぜだかしり込みしちゃう。
恋する少女だわ。
「遠くから見ているだけでいいの。だってラウ先輩はみんなのものだから…」

カーン

そんなタマではないのですが、でもこんな気持ち、初めてだよーん。
実際に会ったらぶっ飛ぶかな、この奥ゆかしさ(笑)
あぁすいません、すこし妄想入りました。
でも今日のは健全な妄想だった。




極上腹筋♪
(イベントではここまで露出はないよなぁ。これでハグされたら…

| アンディ・ラウ | 09:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活!

こんにちは! (うわぁ、久々にキーボードをたたいてる)
お久しぶりです。といってもたった二日ですね。まるっきりパソコンに触れずに数日過ごしたのは1年ぶりくらいで、とっても変な感じでした。
今こうしてパソ前に座ってるのですが、どうして肩が痛くなったのかわかりました。
イスではなく床に座って、おまけに近視&乱視に私はどうしても前のめりになってしまう。背を丸めたまま前のめりになると首をすくめて肩を張る姿勢になりますよね。おまけに力がはいってるので終始こわばってる状態。これじゃぁ肩に負担がかかりますわ。
恥ずかしながらブラインドタッチができないので、左手担当の場所にも右手が遠征してがんばってるので負担増。
ブラインドタッチの練習を始めよう。うん、覚えたい。あと背筋ですねね、伸ばします。

ちょっとしたクセでも重ねると体に影響ってあるのだなぁと実感です。ほかの事にも言えそうだなぁ。歩き方、立ち方、生活習慣etc。
転んでもただでは起きないnatuなので、しっかりこの経験を活かし、今後の自分に役立てます!

正直、まだ違和感があるので、パソコンに向かう時間も少し減らそうかなと。自重しなくっちゃ。そういう年になりました。

コメントくださったみなさま、読んであららと思ってくださった皆さま、ありがとうございました。
皆様もお体大事になさってくださいね!!
疲れた時には休みましょう

これから華仔の情報を収集しに行ってきます。
来日予定が決まったんですよね
なんだか新鮮で、楽しいぞ~!!

| 雑記 | 09:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

痛いの

3.4日前から右の肩が痛くて、今日はついに人生初めての○ップエレ○バンのようなシールを貼ってしまった。
母親からもらったもので、巣鴨とげぬき地蔵の特別販売所で売ってる人気商品らしい。
巣鴨…33にして巣鴨商品にお世話になってしまった。無念。

もともと肩こりする方じゃなかったので、えらく辛いんですよね。
右肩から首にきて、今日は背中もこわばってる。

マウスの握りすぎかしら。
運転を右腕だけでしてるからかしら。

運転を休むわけにはいかないので、しばらくパソコン遊びの方をやめてみようかなと思います。
そんなわけで、ちょっと更新はお休みです。
がまんがまん、パソコンの電源入れないぞぉ。

ではでは、少しの間、さようなら~。

| 雑記 | 19:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「愛と死の間で」公式HP

さっきチェックしにいったら「愛と死の間で」の公式HPが新しくなってました
まだイベントの情報はありませんでしたが、見る所がいろいろできて楽しそうです。
私もこれからゆっくり見に行きます。
取り急ぎ、ご連絡まで~

コチラ

| 「愛と死の間で」 | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

敗戦ショック!

ぐわああああ。
負けちまいましたね、サッカー日本代表
何だかんだいって結構悔しく、2時まで眠れませんでした。

ヒディング監督はやっぱりすごい監督なんだなぁ。奇跡を起こすもの。
ジーコは、かわいそうだなぁ。やる事はやったといって、この結果はつらいだろうに。

もう言い古された言葉ですが、決定力不足、これが問題ですよねぇ。
駒野、どフリーであのセンタリングはないよ~。二度も同じミス

川口は、神が降りてたのにね、途中までは。
あういうときの川口はもう全部セーブするのに、昨日は最後が…。

大黒、せっかくおしゃれして金髪にしたのに、3分だけじゃ活躍も難しいよね。
ジーコは代えるタイミングが遅くないかなぁ。

昨夜から日本中がどんよりムード。
心では「もうワールドカップは終わった…」と思ってる人たくさんいそう。
テレビじゃ言えないけど、なかなか。

さ、でも気持ちを切り替えて、気分を明るくして、生活を楽しまなくちゃ!!
誰かが「この試合はなかったことにしよう。次の試合からワールドカップが始まるんだ」って言ってたけど、むちゃくちゃな言い様だけど、でも案外いい考え方かも。
引きずって負け続けるのは1番良くない事だし。

がんばれ~日本代表



| 雑記 | 09:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「チャイナ・フィナーレ/清朝最後の宦官」

チャイナ・フィナーレ~清朝最後の宦官 / サモ・ハン・キンポー

最後の方に出てくるらしいというアンディがどう絡んでくるか楽しみに観始めたのだけど、あっという間にストーリーに入り込んでしまった。
ついにアンディが登場した時、「えぇっ」と声を上げてしまった位。(おいおい、忘れてたのかよ~

宦官って、歴史の授業で習ったけど、そのやり方とか、処置の方法とか、保存の仕方とかまで、教えてくれなかったですよね(当たり前か)。
その辺の事がよくわかって、んもう、なんだかなー、やめようよ~という感じで…。
だってお父さんが幼い息子に股をおっぴろげさせて草刈釜のようなものでえいっとカットしちゃうんですよ~
私がもしこの奥さんだったら、切った旦那殺す
早くこの幼少シーン終われぇと思いながら観てました。

主役は紹介してるところによって違って、アンディだったりサモ・ハンだったりマックス・モクという宦官になる役の人だったりするんだけど、間違いなくマックス・モクが主役です。
サモ・ハンはマックスが宮廷に仕える前に世話になった芝居小屋の師匠で、アンディはお楽しみがなくなっちゃうので書きませんが最後にしか出てきません。

で、物語の中心はどこにあるかというと、ロウヘイと幼なじみのソウティ(生稲晃子に似てる…) が再会してからどうなるのかという事。
題名が「清朝最後の宦官(原題:中国最後一個太監)」で壮大なスケールを思わせるんだけど、宦官の目を通して清朝末期の歴史を描いたものではなく、“貧しくて宦官になったけど、その朝廷はつぶれちゃうし、再会した幼なじみには子供がいて、でも一緒に暮らしたいけど、僕ってやっぱり宦官だし…”というような、宦官になってしまった男の生きていく苦悩を描いてあるんだと思います。メロドラマ的です。

でも悲壮な物語かというとそうでもなく、ロウヘイが底抜けに好青年でまっすぐで、お目目もぱっちりしてるから明るい感じが終始しています。サモ・ハンも出てくるし(笑)

じゃお気楽な話かというとそうでもなく、最後のアンディの登場によって、涙さえ出る幕引きになるのです。
セリフも少ないのですが、そこにいるだけで何かを語ってくれています、我らがアンディ。
もちろん、聴こえてくる主題歌も主唱劉徳華です。(曲名「錯覚」)

この時アンディ27才歳。同じ年に「いますぐ抱きしめたい」を撮ってますね~。キラキラと輝きが押さえきれなくなった時代でしょうか!!
この作品中も帽子をかぶって出てきます。えらいカッコいいです。似合ってます。
制服・制帽着せたらアジア一ですね


| アンディの映画 | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ本

引っ越してからこのカテゴリーの記事を書いていなかったので、書きます。備忘録というのかな。

J.K.ローリング 
「ハリー・ポッターと謎のプリンス (上・下)」
⇒皆さんもぜひ読んでくださーい。

恩田 陸    
「禁じられた楽園」⇒これ気持ち悪かった。生理的に嫌なタイプの登場人物がでてくる。
「蒲公英草紙」⇒“常野”シリーズその1
「エンド・ゲーム」⇒“常野”シリーズその2

乙一 
「失踪HOLIDAY」⇒中に収録されてた「しあわせは子猫のかたち」が読後感が最高。

〈今読んでるもの〉
トマス・ハリス
「ハンニバル(上・下)」⇒これねぇ、映画で観る気にはならないので本を借りてみたんですが、読みにくいなぁ、カタカナの名前ばっかりで。覚えられないし。途中でやめそうな気配です…。

あぁ~面白い本が読みたい!!!


| 読書 | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お買い物続く・・・

昨日のお得なお買い物に気を良くした私は、いつもは通り過ぎるBOOK OFFにも寄ってみました。
すると、またまたいいものめっけ。

「チャイナ・フィナーレ/清朝最後の宦官」
「天若有情/アンディ・ラウの逃避行」

チャイナ・フィナーレ~清朝最後の宦官 / サモ・ハン・キンポー
アンディ・ラウの逃避行 アンディ・ラウの逃避行
アンディ・ラウ (2001/07/26)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る


値段は1000円だったけど、DVDだしアマゾンで買ったら4000円近くするものだから、やっぱりお得よね~

「逃避行」の方は値札シールが5枚貼り重ねてあったので、どう値段が変化してきたのか興味を持った私は、1枚ずつはがしにかかりました。
その結果
2300円→1900円→700円→1350円→1000円
という変遷。
おかしくないですか~!!
700円の底値の後になぜ再び上昇!? そしてまた下落!?

考えた結果、「インファナル・アフェア」のヒットで知名度と人気がupしたのでBOOK OFF内での会議の結果、アンディ価値を上げたのではないかと…。
そして意外にも昔の作品は売れなかったので、また1000円に下げてみたのでは…。
どうせなら底値で買いたかったといったらおこられるかな

「チャイナ・フィナーレ」は今までどこのレンタルショップでも見たことがなかったので、かなりうれしかったです~
主役ではないようなのに、キャストのトップにはアンディ・ラウの名が・・・。
でも知ってて観るのでは印象も違いますからね~。
「酔拳3」や「武闘派烈伝」みたいに腹が立つ事もないでしょう~

| アンディの映画 | 10:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TSUTAYA半額祭

ちょっと離れたところに遠征して、TSUTAYA半額祭に参加してきました。
30分前に駐車場に着いたのにもう結構車の中で待ってる人がいて、少しあせりました。
でも、きっとこの人たちは新作の「MR.&Msスミス」なんかを狙ってるんだろうから、まっすぐアジアコーナーへむかう私とはライバルにはならないんだろうけれど。

1分前、ドアが開いたので入店。2階のレンタルスペースに行く前に中古ビデオ販売コーナーに目を奪われました。
なんとアンディの「野獣刑事」「マジッククリスタル」が100円で売ってる
「野獣刑事」は最近やっと観れたもので、内容はだけど、もうコレクションじゃ!ということで購入決定。
「マジッククリスタル」はDVD持ってるんだけど、「私が買わなきゃ誰が買う!!」という責任感からこれまたお買い上げ。
合計200円です申し訳ない~。

家に帰って開けてみたら、レンタルオチでもないようですごくキレイ。もしかしたらまだ誰にも観られてないかもしれない。喜ぶべきなんだろうか…。
チラシが同封されてて、それがこのビデオの販売元となる『亜細亜明星(アジアンスター)レーベル』というシリーズが紹介されていて注文書にもなっていました。このシリーズのアンディ作品がこの二つだったようです。

二つともジャケットには
★★香港四天王★★アンディ・ラウ『決戦・紫禁城』『阿虎』
と書かれていて、2001年の発売になっているから、アンディ人気に押されるように再発売になったのかしら~と勝手に喜んだり。

話は戻って、半額でレンタルしてきたものは
アンディ・ラウ「レイダース」(でもこれ観たことあったみたい。忘れてたよん)
トニー・レオン「新流星胡蝶剣」(初めて見たので興味から。どんなかなぁ)
アンソニー・ウォン「ザ・ミッション 非情の掟」(良作らしくぜひ観たいなと!ゆうこさんオススメ作品)
スー・チー「クローサー」akiさんオススメ作品。やっと借りましたよ~)
セシリア・チャン「星願 あなたにもう一度」(これ泣けるらしいですね。セシリアも好きなので期待大です)

あと、ないよなーと半ばあきらめつつのぞいたレンタルCDコーナー。
華仔のは見つけられなかったけど、ケリーとレスリーと成龍がありました~!(フェイ・オン以外で香港ポップスを見つけたの初めて)
とりあえずケリーの「LOVE KELLY」を借りてみたんですが、初っ端から聴こえてきたのは宇多田ヒカルのカバー「オートマチック」(ってカタカナで書いてあるよ~)
まだ少ししか聴いてませんが結構私の中ではヒット!
またまたアジアンポップスへの道が広がったぞ~。
ほんとは、ジェイ・チョウとか王力宏とかサミーもあるといいんだけど。
アンディのは買うから、ね



| アンディの映画 | 12:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見逃すな~!!

今日は香港映画デーですよ~みなさん♪

午後9:00~ テレビ東京12チャンネルで「少林サッカー」
深夜1:44~ 日本テレビ4チャンネルで「上海グランド」
(やったー)

しかも「上海グランド」は字幕。
てりこさん、情報提供どうもありがとう

レスリー・チャン 上海グランド レスリー・チャン 上海グランド
レスリー・チャン (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

| アンディの映画 | 12:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頭文字D THE MOVIE

夢中で見ちゃった
レースに興味のない女子にもオススメしちゃう。
むかーし、鈴鹿にF1を観に行った事があったけど、それよかドキドキした!

頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション
ジェイ・チョウ (2006/02/15)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る


公式サイト

出演陣も豪華よね~。
ジェイ・チョウ。
頬づえつきながら運転するのがトレードマーク。
途中、誰かに似てる…誰だっけ?と考えててやっとわかりました。
中田だ!サッカーの中田英寿だ!
彼が髪を伸ばして笑ったら絶対あんな感じ!

ショーン・ユー。
おひげがちょぼちょぼっと。
やっぱりエヂより彼の方が好きだなぁ~。
変な黄色いチンピラジャージ着てても下品にならないところがいいっ。

エディソン・チャン。
なんか、カッコいいじゃん! 
今まで観た映画の中で一番カッコよく見えたゾ。
役もおいしいし。(いつもおいしい気がする…。ティーンのアイドルだからか!)

そしてアンソニー・ウォン!!
かっけ~。
もうこの人しかいないでしょ、この役は。(原作読んでないけど言っちゃう)
彼を見てるだけでも満足。
いちいち楽しいんだもん。
おめめがまるでラクダで、そのことにいつも感心しちゃう。(関係ないか)

チャップマン・トウ。
将来アンソニーみたいになるのかな~。
なれるかな~。
ねらえよ~。

ジョーダン・チャン。
「黒白森林」で知ったジョーダン・チャンが、おかしいの。
プロのレーサーであの格好はないっしょ。
ターバンもといバンダナもないっしょ。
彼が画面に出てくると、すごく香港映画の匂いを感じました。

鈴木杏ちゃん。
意外と大人ーな役柄でびっくり。
彼女の広東語吹き替えがどうにも我慢できなくて、そこだけ吹き替えに変えてみてたんですが、意外と全部吹き替えの方が違和感なくてよかったです。
初めてだ、吹き替え、ありがとうって思ったの。
だって日本が舞台になって香港の役者が日本名の役を広東語のセリフで…って脳内処理が追いつかなかったのですよ~。

結末は「えっ、それで終わり?」だったんですが、原作の漫画は長く続いてるんですよね、きっと。

86(ハチロク)とかFCとか、なつかしいって感じで。
ウチの夫は昔そのFC(RX-7)に乗ってたし、(付き合ってる時、影響されてうっかりFDを買いそうになった。コワイ、コワイ)今は真っ赤なフェアレディZに乗ってる。
「昔ドリフトとかして山道走ったの?」って聞いたら「やらねーよ」ってバカにした感じだったけど、あこがれてた口なのかもしれないな。問い詰めるのはよしてあげよう。

今朝の運転はちょっと攻め気味。
カーブの時溝を使って…
信号待ちでは頬づえついて…

バカ女





| 香港映画 | 09:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トラフィック

トラフィック トラフィック
マイケル・ダグラス (2001/12/21)
東宝

この商品の詳細を見る


昨夜の九時ごろ、今日の分の記事を書いていたら突然全部消えてしまった。えーん、書き終わった瞬間だったのにぃ。気を取り直してもう1回だ。

アンディの次回作が「トラフィック」の香港版だというので借りてみました。
“ベネチオ・デルトロ”という、覚えたら何度も言いたくなる名前を知った作品。アカデミーで賞をたくさん獲ったんだよなーと記憶していました。

感想は、うーん、とにかく、ドキュメンタリーぽかったんですよね。
「セックスと嘘とビデオテープ」「エリン・ブロコビッチ」のスティーヴン・ソダーバーグ監督。
この二つの作品に共通するのは、クライマックスというか盛り上がりが特別用意されてないって事。
それと同じように、「トラフィック」も、淡々とストーリーがすすんでいきます。

アメリカの麻薬取締局長で、実はドラッグにおぼれる娘を持った判事役のマイケル・ダグラス。
麻薬密輸ルートを暴こうとしているメキシコの警官役のベネチオ・デルトロ。
アメリカとメキシコが壊滅させようとしている麻薬密輸組織のトップの妻役のキャサリン・ゼタ・ジョ-ンズ。

ダグラスは唯一映画の中でハリウッドっぽい演技を見せてくれて(逆にそれが邪魔に感じたりするんだけど)、キャサリンはマジ妊婦姿で女優魂を見せ付けてくれるし、ちょっとブラピに似てたデルトロは、メキシコチックな渋さを披露してくれてます。

この3人が軸となった3つのストーリーが別々に進んでいくのですが、それがどうつながるのかがなかなかわからないし、前述したように盛り上がりがないから、感情移入をどこにしていいのかわからないんですよね~。消化不良気味…。

そうそう、この3つの話、色分けされてるんですよ。
「英雄」じゃんって思っちゃった。

これを香港が作ったらどうなるのかなぁ。
監督は「ラブソング」のピーター・チャン。

アンディはダグラスの役かしら?
なんでも「素晴らしい家庭を持った表面上はいい人間で、その実正体がばれるのを恐れている“大毒梟”(大きな毒ふくろう??)」なんだそう。白髪にするというのだから、年配の役よねぇ。

(こんな白髪作品もありましたね)
ゴッド・ギャンブラー 賭侠復活 ゴッド・ギャンブラー 賭侠復活
アンディ・ラウ (2001/10/05)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る



ルイス・クーは麻薬常習者の役らしい。
思い当たる人がいないなぁ。
ダグラスの娘はそうだったけど、息子役に変えるのかしら?でも歳が…。

ダニエル・ウーは潜入捜査官の役だとか。
これまた見当付かず…。

いっそ、いろいろ設定を変えてわかりやすく作ってくれるといいなぁなんて思ったりします。


| いろんな映画 | 05:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「戰神傅説/ムーン・ウォリアーズ」

戦神~ムーン・ウォリアーズ~ 戦神~ムーン・ウォリアーズ~
アンディ・ラウ (2004/03/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


さわやかなアンディを見たくなって「戰神傅説」を観ました。
ちょうどイルカと戯れるアンディのニュースも出ていたし、私的に「今だ!」みたいな感じで。
小さいからイルカ
(鴨川シーワールドでもやって!!)

初めて観たのは今からちょうど1年前くらいで、「無間道」の大人なアンディにやられたばかりの時期でした。
だからこの若い姿にはあんまりクラクラしなかったの覚えてます。(おぉもったいない)
アニタ・ムイも当時は苦手だったし…。

でも、今は大好き
ストーリーも今観ればしっかりしてるし(前は香港映画慣れしてなかったのです…)
変な無理もしてないし(しいて言えばアンディを背負ったアニタ・ムイの姿が、絶対アンディ立ってるよってわかったくらい?)
アンディ、やっぱりカッコいいし

いろんな資料によると、アンディ扮するフェイは“海の魚に育てられた伝説の男”とか“人より優れた能力を持つ男”って書いてあるんだけど、映画でそんな説明されてたかなぁ。
田舎の漁師なのにカンフーがめちゃくちゃ強かったり、馬に乗るのにも両手を広げて3メートル先から飛び乗っちゃったりするのは香港アクション映画だからだと思ってたけど、伝説の男だったからなんだぁ。へぇ~。
ここんとこもう少し丁寧に描いてくれれば物語に奥行きがでたのにな


| アンディの映画 | 06:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おすぎの映画批評

ずっと疑問に思っていたことがあります。
「おすぎは自分がファンである役者の映画をどう評価するのか」
ということ。

先日、それを確かめるチャンスが訪れました。
「特ダネ」で『デイジー』の評価をしていた時の事。

おすぎは主演のチョン・ウソンが大好きらしく、佐々木恭子アナとともにきゃぁきゃぁ言っていた。
映画についてもほめまくり。

『嫌われ松子の一生』については
「やっぱりこの人下手くそよねっ、中谷美紀」
とにべもない…。

そこで小倉さんが一言
「自分が好きな人の映画とそうでない人の映画で、ずいぶん言う事が違わないかい」
そーだ、その通り!! よく言ってくれた小倉さん。

やっぱりおすぎの映画批評は当てにしないほうがいいんだなぁ。
華仔はめちゃくちゃいい男だけど、おすぎの趣味かどうかが心配になってきた。
作品でなく俳優が好きかどうかで判断されちゃうのって、いやだなぁ。
映画評論家という肩書きで仕事してる人なんだし…。
やっぱり影響大だし…。

『愛と死の間で』や『墨攻』も控えています。どーなんでしょう

あ、取り上げられない可能性もある??

| 雑記 | 06:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京ドイツ村

昨日、東京ドイツ村に遊びに行ってきました

千葉県袖ヶ浦市にある東京ドイツ村、きっとディズニーランドと同じノリで東京ってつけちゃったんだろうな。

行ってみてとにかく驚いたのはめちゃくちゃ広いってこと。
ビバ!フリースペース!!
田舎でしかありえない土地使いで、贅沢に空間を楽しめるんです。
(芝刈が大変そう)
ここに立ってるだけでリラックスできる感じです。

それだけ広いと各施設の移動が大変だと思いました?
それがね、これまたうまく作られてあるんです。
HPの地図を見てもらえるとわかると思うんですが、下のゲートから車で入っていくと、各施設を囲むようにぐるっと道路がつながってて、その道路沿いが全て駐車場になっているんです。(ここはサファリパークを真似たのかしらん)
つまり、移動は全て車でOK
わんぱく広場で遊んだら観覧車には車に乗って移動、というように小さい子供が一緒でも、荷物は車に積んだまま、手ぶらでいいんですよ~奥さん

昨日はお弁当を持っていって広ーい芝生の上で食べたんですが、3歳の甥っ子と息子も放し飼いで大丈夫でした。
だってどんなに遠くへ行っても、ずーっと視界の中にいるんですもの。

芝そりゲレンデというのがすごかった!
かなりの急斜面をプラスチック製のそりで滑り降りるんだけど、摩擦熱でお尻が熱い! 

57歳の母が滑ったのにも驚いた。
あんまりアクティブなことをする母ではないのに。
しかも途中でバランスを崩して最後は転がっていた。
危ないんだけど、どうにもおかしくて、昨日一番のヒットでした。

アトラクションを楽しみに行くのではなく、
もちろんドイツ情緒を味わいに行くのでもなく、
芝生でごろんごろんしに行くには最高の場所ですよ~。



| 雑記 | 10:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エンタメごっちゃまぜ

癒し系と言われる華仔の歌、今日は確かに癒されました

ちょっと疲れがたまってきたかなって時、それでも運転しなくちゃいけない朝、華仔の声を聴くとほっとするんですよね~。

あぁ、気持ちよかった



ところで、「ダビンチ・コード」観てきました!
おすぎの評判はよくなかったんだけど、私はそんなにいうほど悪くないって思いましたよ。

確かに本のほうがおもしろい!それは確か。
ちょっと内容が変えてあったりしたのが??だったけれど、満足しましたよ、普通に(普通にかよ

本を読んだ友達1名と読んでない友達+その旦那様(俺も行っていい?と突然参加)で行ったのですが、読んだ友人は私と同じく原作のほうがいいと言い、友達夫婦はテレビでやったナビ番組を観ていたからついていけたと言ってました。
後ろに座ってた老夫婦は「わけわからん…」とぶつくさ言いながら帰って行きました。

シラスがね、色素欠乏症のような設定じゃないですか。それで映像ではどう表すんだろうと興味があったのですが、私から見たら“ただの白人”でした。
それでも肌の色、白く塗ってたのかなぁ。


話題のものついでにもうひとつ、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の下巻も読み終わりました。

泣きました。
スネイプのばか!! マルフォイのばか!!
7巻でどんでん返し、ないかなぁ。

| 雑記 | 19:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廃盤復活

ずっと廃盤になっていたアルバム「笨小孩」(北京語ベスト)が復活したんですね


http://www.rakuten.co.jp/rokusai/1025510/1025635/1509325/

http://global.yesasia.com/jp/artIdxDept.aspx?aid=9&code=c


こういう事ってうれしいですよね。
アンディのアルバムって廃盤になってるものが多いし、逆に突然復刻版になって再発売されたり、今回のように元は台湾版だったものが中国版になって再発売されたり。
仕組みはわからないけど、ファンにとってはとってもありがたいです。


ところで、このアルバムを買うかどうかですが、1曲1曲をみると持ってるもの多いし、MVで聴けるものもあるし、どうしようかなぁと悩むところです。でも98年バージョンとか「笨小孩」独唱版っていうの、気になるんだよなぁ

いつも素敵な歌をありがとう

| アンディの歌 | 05:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。