★ラウラウ★だいありー

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶりです~

こんばんは!ご無沙汰しております。
体調を崩したのがきっかけだったのか、なんだか落ち込みゾーンに入ってしまってしばらくパソコンに向えませんでした。
そんな自分にびっくりもしつつ、好きなことをできるってことは肉体的にも精神的にも健康である証拠なんだなぁと初めて体感しました。

コメントを残してくださった皆さま、お返事ができなくてごめんなさい!!
これから書いていきますので、もう少しお待ちくださいね♪


この週末は息子と夫がキャンプに出かけてまして家に一人きりです。
私の車で行ったので夫のマニュアル車は運転できない私は軟禁状態(笑)
なんだか怖くて昨日はたらふく食料を買い込み、ビデオを借りてきました。
朝からだらだら好きなことばっかりしてるんですけど、もう淋しいっす。明日まで持つかどうか心配(泣)

でも今日久しぶりに映画を観ているうちにいつもの自分に戻れたんですよね~。
ほんとにうれしかった!
ジェット・リーありがとう(笑)(どうしてかは以下説明)

(今日観た映画)
オペレッタ狸御殿
オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション
チャン・ツィイー (2005/10/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

ごめんなさい、ごめんなさい、最後まで観れませんでした!!
申し訳ないっ。
だって、だって、あんまりにもファンタジー(笑)でついていけなかったんです…。
チャン・ツィイーは好きだし、わが道を行くオダギリジョーの演技も楽しみにしてたんだけど、初めからのけぞってしまった。
そうか、オペレッタってオペラなのね。
チャン・ツイィーの日本語も'(&(%'$&%#%#&…。
でも唐の国から来た狸ってことで中国語を話しておりました。
彼女でも日本語を話すとあんななんだぁ…。
日本語の発音をカッコよく話すのってかなり技がいるんだろうな。
華仔があぁだって全然普通じゃんっ。がっかりする必要ないじゃんって励みになりました。


アバウト・ラブ/関於愛
about love アバウト・ラブ/関於愛 about love アバウト・ラブ/関於愛
伊東美咲 (2006/02/24)
東宝

この商品の詳細を見る

『ダイエット・ラブ』と同日発売で、近所のツタヤでは『ダイエット・ラブ』が1本だったのに3本も置いてあったこの作品。
密かに対抗意識があったんだけど今日観たらなんとムービーアイさんの配給だったんですね!! 公式サイト
俄然親近感がわき、イチオシというチェン・ボーリンも拝見させていただきました。

東京・台北・上海を舞台にした日本人と中国人の恋愛模様を描いた作品で、それぞれ別々の話なんだけど、出演者がどこかでつながっているというおもしろい設定。
私が1番心惹かれたのは2話の台北のお話。
言葉が通じない同士がコミュニケーションを重ねている様子がリアルで、観ている私もつい一生懸命聴き取ろう、何て言ってるんだろうって真剣になりました。
外国人同士の話なのにあっけなく言葉が通じるよりも、断然よかったです。
1話(東京)は言葉よりも“絵”で心を通わすストーリー。
3話(上海)は英語でのやり取りがはいっていました。
でもこの3話のきゅーんときた所は、塚本高史演じる修平が破った恋人からの絵葉書を拾い集めてテープでとめ、必死に訳そうとするユンの姿。
ちょっとプライバシーの侵害になっちゃうけど、そういう乙女心はわかっちゃいますよね。(留言を訳す自分と重ね合わせてますから(笑))
アジア映画っていいなぁと思える作品でした。


SPIRIT
SPIRIT<スピリット> SPIRIT<スピリット>
ジェット・リー (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

まだ新作だったけど7泊8日になってたので借りてきました。
いやぁ、ジェット・リー万歳。
泣かせてくれました。アクション映画、カンフー映画で泣けると観た後にものすごい充実感があります。
なにかと話題になっていた“この作品で武術映画は最後”だというお話。その理由をメイキングで語ってくれていましたが、作品を観た後のその話はものすごく納得できるものでした。

冒頭で描かれた主人公・霍元甲(フォ・ユァンジャ)の姿はなんだか傲慢でその顔つきさえ憎らしく見えていましたが、後半、武術の道を悟ったジェット・リーの一変した表情にもろ感情移入。あんなに変わるとは彼の演技力も感じました。
ジェット・リーの作品はまだ『英雄』しか観ていないんですよね(ちょっと恥ずかしい…)

中村獅童がんばっていましたね。
中国語は吹き替えだったところもあったような気がしましたが(口と合っていなかった)日本語でのセリフはさすが気合い十分、歌舞伎役者の風格が匂っていました。
ただね、ただ、アクションシーンで後ろ向きのときは完全に違う方が演じていましたよね…。
髪型が明らかに違うじゃんっ(笑)パーマかかってなかったもん(天然?)

あと驚きは原田眞人さん。
「ラストサムライ」でお見かけしてたけど、有名な監督さんだったんですね。しかも賞をたくさんとってらっしゃる。
「ラストサムライ」で俳優デビューしたんだそうです。

この1本で完全に元気が出た私。
心の栄養にさせてもらいました。
いいものを観ると心も豊かになりますね。
これから『Mr.&Mrsスミス』を観る予定です。
あと『マスク・オブ・ゾロ』
明日はアンディの『復讐のプレリュード』もスカパーでやるし録画しなくては!
そうそう、この前始めて観た『X-MEN』もおもしろかったから明日『〃2』も観なくっちゃ。(ヒュー・ジャックマン、ハリウッドの俳優ではかなり好きな方です)

アンディ関連のニュースもさかのぼって読みたいと思います。
好きなことをできる幸せを感じながら!!!
スポンサーサイト

| 雑記 | 19:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。