★ラウラウ★だいありー

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「神雕剣侠」

秋の夜長に入魂の5冊、「神雕剣侠」①~⑤巻読み終わったぞー!

神〓剣侠〈1〉忘れがたみ 神〓剣侠〈1〉忘れがたみ
金 庸 (2006/06)
徳間書店

この商品の詳細を見る

前述しましたが、これは「射英雄伝」に続く物語で、アンディがその昔ドラマで主演したものです。

アンディが演じるのは楊過(ようか)という青年。
シリーズ前作「射英雄伝」に登場した楊康(ようこう)と穆念慈(ぼくねんじ)の遺児です。

父楊康は売国奴として自業自得の死を遂げ、母も幼くして病で亡くし、たった一人で生き抜いてきた楊過は様々な怒り・恨みを心に持つ少年として育ちました。
しかし母が決して語らなかったことから父の死の真相を知らず、世話になりながらも仇として郭夫婦を憎んでいきます。
郭夫婦のもとから飛び出した楊過は、小龍女という世にも美しい武芸の達人と出会い、彼女を師匠として武芸を磨き、やがて彼女と心まで固く結ばれるようになるのです。

その後は様々な、ほんとにいろーんなことが起こって、これでもか、これでもかってくらいの困難が楊過と小龍女の身に降りかかります。
なかなか結ばれないし、誤解はあるし、命の危険にも何度もさらされます。
でもそうした過程のなかで楊過の激情型の性質も変化し、強きをくじき弱気を助く英雄として世に名をとどろかせるようになります。
最高のヒーローです。
好きにならない女はいません!!

一生で何人の女性を虜にしたのでしょう…中には命を捨てて助けてくれた人まで。
顔は美しく、武術の腕前は最高の境地に達し、自然とおんな心をつかまえてしまう行動をとる天性の色男。
しかし愛したった一人の女性にはひたすらひたすら愛を貫く…。
アンディを頭に描きながら読んでる私は何度この小龍女に嫉妬したでしょう!!(レッツ大バカ音頭~♪)

「射英雄伝」が、主人公郭靖が地味で周囲の登場人物が生き生きと描かれていたのに対して、この「神雕剣侠」は完全にヒーロー楊過を中心としたラブストーリーです!!
うひょひょーって背中がかゆくなっちゃうほどの愛の応酬に時々苦笑いしながら、でも完全に感情移入させられて楽しめた物語でした。

はまった(笑)





スポンサーサイト

| 読書 | 11:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。