★ラウラウ★だいありー

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5年前からの手紙

「美麗的一天」といえば、ジャケットの横顔がくらくらするほど美しい華仔のアルバムですが

完璧でしょう


このアルバム、どの曲も事実に基づいて作られたものということで、特徴的ですよね。 

中でも、「續集」は日本で起きたある事件を元に書かれた曲です。

少し生々しい事になってしまいますが、この事件は俗に言う「甲府信金OL誘拐殺人事件」といって、1993年8月10日、甲府信用金庫に勤めていた女性(19歳)が記者を名乗って取材の要請をした男から誘拐され、殺害されてしまったものです。詳しくはこちら

悲しく、腹立たしいこの事件、実は後日談があるのです。
アルバムの歌詞と共に書かれているのですでにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが…

女性が亡くなってから8年後の2001年、いなくなってしまった娘への悲しみも癒えぬまま新年を迎えたご両親のもとにいつものように年賀状が届きました。

何気なく手にし、何気なく目を通していたたくさんの年賀状の中の一通に目がとまります。

それは、亡くなった娘の字で「あけましておめでとう!今あなた達は何をしていますか? すごく知りたいな!」と書かれた年賀状でした。

この年賀状は彼女が11歳だった1985年、筑波万博を記念して開催された「科学万博ポストカプセル2001」に彼女が21世紀の両親に宛てて投函したものでした。


さてさて、この出来事にインスピレーション得て華仔が企画したことがあります。
「美麗的一天」の発売時、ファンに向けて“タイムカプセル活動”を呼びかけたんだそうです。

未来の家族や友達、そして華仔宛てにたくさんのファンが手紙を書き、5年がたとうとしている今、いよいよ預かっていた郵便物を郵送するのだそうです。

Andoxクンはいつも一緒


動画

いや~、すごい手紙の山ですね!
参加してみたかったなぁ、この企画。

この5年で周りの状況も自分もずいぶん変わったと思うし、変わらないままのこともたくさんあるだろうし。

タイムカプセル、今まで埋めた経験ないんですが、息子と一緒にやってみようかなって思いました。
5年後の息子は中学生…「んなもん、勝手に掘り出してよ」とか冷たく言われそうでもある。




スポンサーサイト

| アンディ・ラウ | 10:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思わず目がとまる“精子ランキング”

いやぁ、びつくりしました。
そのまんまです。露骨です。
でもとってもわかりやすいです。

精子ランキング

またの名を

最受歓迎精子

華仔がよく獲ってる歌の賞のようですが。


ある女性雑誌が香港・台湾・大陸の25歳から35歳の女性にアンケートをとったところ、
最もお気に入りの”精子”は我らが華仔のものだったそうです。

わーい、わーい、喜んでいいのよね。
でもちょっと苦笑いしてしまうのはなぜなんだろう。
リアルだからか。

トップ10の面々は以下の通り


1 位  アンディ・ラウ  286票 9.4%
2 位  ビル・ゲイツ  178票 5.9% (世界一のお金持ち)
3 位  金城 武    122票 4.0%
4 位  劉 翔       119票 3.9%(110mハードル金メダリスト)
5 位  ベッカム     97票 3.2%
6 位  李嘉誠      84票 2.8% (香港一のお金持ち)
7 位  トニー・レオン  67票 2.2%
8 位  ルイス・クー   60票 2.0%
9 位  ワン・リーホン  56票 1.8%
10位 ブラッド・ピット 55票 1.8%
 

ビル・ゲイツや李嘉誠を抑え、堂々の1位に輝いたアンディ・ラウに対して、
女性がこの人の子供を産みたいと思うのは、お金だけでなく外見も重要だということがわかったとか(笑)

| アンディ・ラウ | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボーリングに行ったよ

『兄弟』の主題曲MV撮影後、3人はボーリングへ繰り出したそうです。

大変な仕事の後の大好きなボーリングは、さぞ楽しかった事でしょうね♪
華仔が遊んでいるのを見ると、ほっとするしな

ちと遠いぞ
(一般人に紛れてするんですねぇ。)

お口が(笑)
(Tシャツに金色に輝くのはAndoxクン!?)

| 「兄弟之生死同盟」 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

早くもDVD化!

早いですね~。
『イノセント・ワールド/天下無賊』が9月28日DVD発売決定です。

かつら飛んだ後


Neowing

net横丁

NTT-X Store


そのうち、アマゾンとか大手でも出てくると思いますが今のところこれくらい。

メイキングも楽しみですね♪

| 「イノセントワールド~天下無賊」 | 09:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暑がる華仔になぜか、ムフ…

暑いですねぇ。
梅雨は梅雨で洗濯物が乾かなくてイヤなんですが
心の準備ってものがあるので、順序良く来てほしい夏…。

しかし、華仔だって暑いのです。

30度を越える炎天下の元、華仔出資で「“五虎”再集結か!?」と話題になった映画『兄弟』の主題曲のMVを撮ったそうデス。(ということは歌うのよね)

アンディ・ラウ(劉華)
トニー・レオン(梁朝偉)
ミウ・キウワイ(苗僑偉)
ケン・トン(湯鎮業)
フェリックス・ウォン(黄日華)

の五人からなる五虎将、まず思い浮かぶのは『蒼き獣たち』ですよねぇ。(というか、これしか知らない…)
語り尽くせないほどの愛すべきつっ込みポイントを量産してくれたこの作品…あぁ、もう一回観よう。

話はそれましたが、この主題曲のMVを撮影中の華仔の写真がこれです。

何飲んでるのかな~?
うっすら見えるランニングシャツが好みではないですが、汗吸わせなくちゃですもんね。
昔はよくこのランニング1枚で映画に出てましたもんね。
目が一点みつめになってる。
うーん、香港人華仔をうならせる暑さとは。

あおぎますって、私が
なんだか好きだこの写真。こんなに暑がってる華仔になぜか…
華仔の汗を拭く仕事とは、何とうらやまひ~。


いやぁ、それにしても髪が伸びてきましたね~。
古装にかぶとや布巻きばっかり見てたので、スーツ姿が新鮮だぁ。
あらためて、好きだぁ、華仔!!!(おバカすいまそん)

写真追加

サラリーマン華仔健在
(この姿勢、この腕の感じ、どきどきしませんか~)

たたずむのももちろん絵になる
(長袖だもん、暑いよね)

出演メンバー
(おっ、五虎将の苗僑偉さん(左))

写真さらに追加

細身だ
(きれいな顔のラインだなぁ)

さすが兄弟、同じポーズ(笑)
(同じポーズですよ、おんなじ!(笑))

| 「兄弟之生死同盟」 | 19:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今頃なんですが…

もうすぐnewアルバムが発売されるというのになんなんですが
去年のアルバム『聲音』の日本語に訳された曲名が出ていたので珍しいなぁと思い、皆さまにも。

(sources:CRI online

1. 張開眼睛 (目を開いて)
2. 心照 (心持)
3. 累闘累 (悪人同士の闘い)
4. 大侠 (男伊達)
5. 一家人 (家族の人)
6. 教你如何不愛他 (あの人と離れられない)
7. 多愁善感 (感傷的な人)
8. 模範生 (優等生)
9. 紅顔自閉 (寂しい美人)
10. 観世音 (観音様)
11. 心肝宝貝 (かわい子ちゃん)

            
微 妙
漢字のままが、いいな(汗)

| アンディの歌 | 11:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンサートは9月1日から

いよいよ始まる華仔のコンサート、名前は

劉華wonderfulworld中國巡迴演唱會2007

というそうだ。

そりゃぁワンダフルでしょうよ~。
華仔のコンサートですもの。

9月1日、モンゴルのフフホト(呼和浩特)から始まり、南寧、寧波、南京、義烏、長春、煙台、杭州、天津、北京、台州、上海、晋江、成都などの都市を回るそうです。


いいなぁ、うらやましいぞ、中国の方~~~。

| アンディ・ラウ | 10:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『投名状』公式HP

『投名状』のオフィシャルHPがオープンになったようです!
それにポスターも。
茶色多用


真ん中の人、よーく見ると「頭」持ってますよね…。
髪の毛、ですよね、両脇に垂れ下がってるの…。

公式HPの予告編を見ると判明しますが、ポスターのど真ん中におわしますのは金城武です。
名前も一番最初に出てきます。

主役はジェット・リーではないのだろうか…。(華仔でないのはわかっていたけれど)

公式HP (音がいちいちカッコいいのでぜひ音付きで)


これ、全文英語でしたね。
世界発信の大作って事なのかな。

それにしても、華仔のギリギリな感じのする表情がいいわぁぁ。



| 「投名状」 | 09:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“學友光年世界巡回演唱会07”・・・すごかった

ジャッキー~~~。歌、うまっ。
当たり前の事だろうけど、そんなこと百も承知でなお、「歌、うますぎぃぃ!!すごいぃぃ~。」と大感動させてくれた學友。
私の人生で學友の生歌が聴けた事は、ほんとに宝だ。

東京国際フォーラムの扉を一歩入れば、聴こえてきたのは中国語の声、声、声。
瞬間的に「アウェイ」を感じ一瞬ビビってしまったけど、この方たちはみんな故郷の大スター張學友をそれはもう楽しみにしてるんだろうなぁ。日本でやってくれてよかったなぁと、なんだか感動してきてしまいました。

少し遅れて始まったコンサート。
學友の頭は銀ラメ!!
ロックナンバーからノリよく始まり、踊る踊る踊る
腰、回す回す。
ミュージカルをこなすだけあって、すごくきれいなラインのダンスでした。

そして最初のMCは日本語!!!
もーありがたい。一生懸命練習してくれたんだぁと、影の苦労を思うと拝みたくなります。
そしてその後も全て日本語でやり通した學友。なんて素晴らしい!!
時々客席に助けてもらったり、恥ずかしそうに照れたり、舌を出したり、「日本語で私に何も聞かないで下さい」とお願いしたり、それはもう人柄のにじみ出るすばらしく愛らしいMCでした。

正直、學友のお人柄までは知らず、いやむしろ私のよく知っている學友は「いますぐ抱きしめたい」のアンディの邪魔をする弟分、「ベルベットレイン」の「あれれ、この人やっぱり黒幕!?」とおもわせるやはりアンディの敵っぽい仲間・・・。
ところがどっこい、ステージ上での學友はいい人であり、優しいパパであり、奥さん想いのよき夫であり、この上ないプロの歌手であり、とんでもない美声の持ち主であり、あぁ、また振り出しに戻ってしまいますが、生歌が聴けてよかった!!と余韻に浸るのであります…。

それにしても、ものすごい迫力のある歌声だったなぁ。
迫力といっても、叫ぶような怒声でなく、あくまでも甘い。
低音が特にたまらない。
膝の上においたバッグが常にびりびりしてるんですよ。
「あぁ音って波動だったんだ」と確認。
途中、ミュージカルのコーナーではとくにその声が聴けて
私は一人「すごい。すごい。すごい。」ってつぶやき続けてましたよ。
「ウィンターソング」の世界そのまま。
「你是愛我的」って強気な言葉と裏腹な切なさがにじみ出た歌声に、放心しました。

およそ3時間、30数曲のうち私が知ってて口ずさめたものはほんの一部でした。
でもでもその曲はすんごい楽しんだ!
「一千個傷心的理由」とか歌った。「非情夏日」は「オーアイエ、オーアイエ、オーアイエ、オオ!」は任せてって感じだった。最後の曲「吻別」は歌詞がスクリーンにでたから、無理やり読んだ。違ってても大声で歌った。
あーいう場は楽しんだもの勝ちだ~。

今日は朝から、いや、昨日の帰りの電車から學友づくし。
皆さんがよくおっしゃることですが「學友は生がいいっ」というのはホントですね。
CDではその声の深さ、厚さが十分に堪能できない気が…。
レコーディングスタジオでは狭すぎるのでしょうね。

といいつつ、少しでもライブ感を味わいたく、大音量にして車を走らせています。
そしてこれから、昨日の曲目チェックして、どのアルバムを買うか選定作業にはいりますっ。
あぁ、幸せの時間だぁ。


| 雑記 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Newアルバム待ち遠しいっ

awc618.comで「牧笛」のMVが観られるようになっていましたね。
でも相変わらず「準備完了」なので、以前ご紹介した方法で観るか、
もしくはこちらで♪(華仔のしゃべり付き)

また、このアルバム発売関して日本語でもニュースが読めるようになっていました。
エクスプロア深セン

ノーメイクでも睡眠不足でも美しい華仔って~!!
私の寝不足顔はすごいぞ。

| アンディの歌 | 21:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新曲「牧笛」

ニュースレターで「すごくいいよ!」と華仔もイチオシの新曲「牧笛」のMVが放映されたそうですね。
織姫と彦星かぁ
(髪の毛がいい感じになってまいりました)

きもかわいい・・・


これはアニメーションMVだそうで、そのキャラクターが↑。
何となく「童夢奇縁」のキャラクターと似た匂いを感じるぞ。


さっそく曲が聴けないか、MVが観れないものかと検索したところこんなのを見つけましたのでご紹介します。

華仔の曲紹介付きで試聴できます。

ここで試聴もできるんだけど重いので、載ってる歌詞と曲紹介の文を読みながら上のサイトで聴くというのがオススメ。

YouTubeでは動くMV(少し)と動く華仔が観れます。


| アンディの歌 | 11:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Andox人形発売

あれ、二匹・・・
(手作りのがほしい・・・のは皆さん一緒ね)

awc618.comのお知らせに載っていたんですね。
7月中旬にあの牛クンと呼んでいた華仔と私達の子供が、サイト内で買えるようになるそうです。
こちら

商品化してくれればいいのにって思っていたので、うれしいな。
ぬいぐるみを喜ぶ歳ではないけれど、
なにかこういう付加価値(もちろん華仔)がつくと買いたいぞ!という気持ちになります。

私達の子供が今まさに大量生産されているのでしょね~。
もはや、流れ作業でしょう


| アンディ・ラウ | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニュースレター80号

ニュースレターが届きましたね!
ピンクカーデの華仔が花束持ってる表紙です。
ベルトが光ってます。

やっぱりまず読んだのは華仔手記の日本語版。
いつものことながら、自分の事を細かく丁寧に伝えてくれていて、華仔の体温を感じる文章です。
ここで初めて、本当の自分の気持ちを吐露してくれてるのかなぁと思うと、うれしいですよね。
家族って思ってくれてるの、本当だって感じられます。

今回特に感じたのは例のお騒がせ女性の名前が出てきていたから。
華仔のことだからきっと前向きな感情で処理して悲しい出来事が起こった場所にとどまったままではいないだろうと思っていましたが
やはりはっきり伝えてくれると安心します。
“誰の事も責めないで”という言葉、しっかり受け止めたいと思いました。

アルバムの解説もうれしかったなぁ。
早く予約したい!!

コンサートは8月下旬から!!
もうすぐじゃない~。

そしておバカな私はこの一文に反応。

「僕たちの子供を作ったよ」

もー、ドキドキしちゃうじゃない、華仔。
わざとやってるでしょー、みんなを喜ばせようとしてー、と思いました。

| アンディ・ラウ | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坊主仲間

レオン・ライが映画の役作りのため坊主頭にしたんだそうですねぇ。
中国情報局

坊主と聞いたら黙ってられないのが華仔ファン(?)
数々の坊主伝説を残している我らがアンディ。
今日は坊主祭りだ!

まずはレオン。
でもニュースの通りその姿は極秘らしいので多分これは合成写真と思われます。

あらん
(誰かに似ている…。レオンに見えないなぁ。)


意外とすてき?
(これはアリな気がします)

アンディ。実写です。

修行してる風
(マッスル坊主、イェーイ)


恥ずかしそう
(記憶に新しい最新版)


おもしろ系
(これは何ぞや)


ダブル
(坊主コラボ~ちょっと伸びてるけど)
(マネキン並に美しい華仔の顔の造形ったら…)


お耳
(もー、かわいいぞー)

| 雑記 | 09:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

yahoo!急上昇検索ワードランキング

今朝のめざましTV、6時52分くらいからの「旬速!@エンタnet」というコーナーをご覧になった方いらっしゃるかしら?

月曜日の今日は「Yahoo!急上昇検索ワードランキング」と称して
最近よく検索された言葉のランキングを教えてくれるコーナーなんですが、
出かける前のあわただしいさなか、つけっぱなしのテレビから
「アンディ・ラウ主演、三國之見龍卸甲ランクイン!」とかいう声が聞こえてきたんです。

ダッシュでテレビ前に行くも間に合わず…。

多分、「三國之見龍卸甲」の趙雲の衣装問題で検索が一気にどばっと増えたんですよね~。

日本で普通にニュースになった反響の大きさ、
はたまた三国志の知名度のすごさ、
日本での三国志のかっこたる地位、というものをものすごく感じました。

とすると、この作品、日本での公開もかなり期待できそうですよね。
そして三国志ファンの方々が映画館まで足を運んでくれるのではないかと。

いずれにせよ、ちょっぴりうれしく、
ちゃんと見れなかったことが悔しくもある朝の出来事でした。

| 「三國之見龍卸甲」 | 13:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。