★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風雲ストームライダーズ

風雲~ストームライダーズ 風雲~ストームライダーズ
アーロン・クォック (2003/06/18)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


見ごたえあったなー。
CGも無理なく使ってたと思うし、なんてったってアーロンとイーキンの二大スター共演!
アンソニー・ウォンだって出ちゃう。

千葉真一演じる「雄覇」が天下を手に入れるために、イーキン演じる「風」とアーロン演じる「雲」の幼い少年を探し出し、親を殺害して無理やり弟子にとる。
10年後、成長した二人は雄覇の娘に恋をしちゃってます。ありがちですねぇ。
風(イーキン)は穏やかで忠実な性格。
対する雲(アーロン)は寡黙で感情を押し殺して目で殺すタイプ。
強力な二人の青年を従えて天下に隆盛を誇っている雄覇のもとに、衰退の予言が寄せられます。しかもそれは風と雲によってもたらされるという…。そんなストーリーです。

まずアーロンの登場シーンに興奮。
だって裸で滝に打たれて吼えてるんだもん。獣っぽかった。
今のアーロンより二回りくらいガッチリしてたな。
文句なしの鍛え上げた体でした。

それでね、長髪がかなり似合ってた。
青紫のくるくるヘアー。
ほら、長い髪に負けない顔立ちでしょ!
アップにしても顔立ちがはっきりくっきり。
あらためてハンサム具合に驚きました。

対するイーキン。
歩かないイーキン。
常に飛ぶ。
“風”だから?
扇子で飛ぶイーキンには…(笑)

忘れちゃならない千葉真一。
吹き替えかなー。香港映画の中にえらくなじんでた。
すごい人なんじゃんって思っちゃった。威厳ありすぎ

雄覇の娘役のクリスティ・ヨン。「決戦・紫禁城」で見たことあるな。
二人に想われて、二人とも好きなのとか言っちゃって、アーロンに寝起き(寝込みじゃなくて寝起き!)を襲われたら、すんなり受け入れちゃう娘。すずめ、さえずってたよ。
アーロンのラブシーン、初めて観たかも。強引な感じがえがった~。

雄覇の策略からイーキンとクリスティが結婚する事になって、アーロンが奪いにきます。
「他の男に触れさせん」とか「もう俺のものだ」とかSじゃない女子には効果抜群の言葉をはいてます。

師弟の関係が崩れ、対決する雄覇とアーロン。
アーロンの必殺技は水がないと効果が出ません。
やられてしまうのか、千葉真一に!と想った瞬間、なんとアーロン、腕をもぎました!!!自分で!!!そして血を水分にして技を!!!
(ご飯食べながら観てたんだよー

腕を失ったアーロンを助けるのが通りすがりのスーチーと医者の父親。
そのお父さん、「俺の腕をやる」と言ってざっくり刀で切り落とします。
ありえなーーーい。
ありえなーーーい。
(だからご飯食べてるんだってば…

無事縫い付け終わって、気がついたアーロンが腕を見て一言。
「多謝」
え~~~~~

そうそう、千葉真一の最大の敵がアンソニー・ウォンでした。
全然出てこないんだもん。
10年待ってやっと戦いに来たのに、魂で(念で?)戦ってる最中、置いてきた生身の体をスーチーに何これ?と突付かれてあっけなく死んじゃう。
爪が甘いよ、アンソニー。
体、隠しとこうよ、そんな道の真ん中じゃなくてさ。

最終的にイーキンも自分の親を殺したのは雄覇だったと知って、アーロンと仲直りして二人で雄覇をやっつけて、エンドロール。



アーロンとイーキン、全く顔のタイプの違う二人を画面におくことで飽きなかった気がする。
イーキンでさっぱりしたら、アーロンでコクを。
二人の組み合わせが、なんかすごくよかったゾ。




スポンサーサイト

| 香港映画 | 05:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。