★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三国志っておもしろいぞ

三国志 (1の巻) 三国志 (1の巻)
北方 謙三 (2001/06)
角川春樹事務所

この商品の詳細を見る


華仔が撮影準備中の映画『三国~見竜卸甲』の予備知識にと読み始めた三国志ですが、
これがやっぱりおもしろい!

中国の地名は覚えにくいし、戦闘の様子も残酷だったりして
決して好みの設定ではないのですが、あらら、完全に引き込まれています。

今9巻まできていて、北方謙三さんの「三国志」は全13巻。
この中で、当初華仔が出ると言われていた「赤壁之戦」の場面は
本当に夢中になりました。

「それって何?」の世界だったのが、今はうんうん、と思えるのがうれしい。
そりゃぁ、映画になるわ、盛り上がるわ、という有名な戦いだったのですよね~。
「赤壁」の名の由来もばっちりお勉強いたしました。

この「赤壁之戦」で活躍するのが“周瑜”。
その役を華仔がやると言われていましたね。
いいかも!と思いました。
顔よし、頭脳よし、度胸よし、の類まれな武将ですから。

しかーし、決定した役は“趙雲”。(しかも別の映画として!)
こちらもね、すてきな武将です。
すてきなんて言っていられない、戦う男なのですが
やはりいい男には間違いなさそうです。

北方三国志の9巻現在、趙雲がどかーんと活躍する場面は出てきていません。
ニュースによると、映画になるのは三国志の後半、劉備・関羽・張飛亡き後の、
魏と蜀の最後の戦いの背景を描いたものだそう。
そこで趙雲の知恵、武芸、忠義が存分に発揮されているとか。
80歳になった趙雲が、関羽と張飛の息子を率いて北伐に向うのですって。

ぎゃぁ、また老けメイク華仔なのーとショックを受けている方、ご安心を。
過去の回想形式で若いときの趙雲も見れるそうですから!
その中には「赤壁之戦」も入っているそうで、どんなふうに映像化されるのかも楽しみであります。

「三国志」は来年はじめに敦煌で撮影開始、5ヶ月間の撮影予定だそうです。


そうそう、他の作家さんによる「三国志」を読み比べてみたいなぁと
思い始めています。
だって、ふと手にした横山光輝さんのコミックと、まったく内容が、設定が違っているので
こりゃあ読み比べたらおもしろいぞという気になったのです。

それとも最初にインプットしたイメージを壊さないほうがいいのでしょうかね~。
贅沢な悩みです♪
スポンサーサイト

| 読書 | 22:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。