★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『獅子よ眠れ』

(あらすじ)
台湾マフィアの首領が何者かに襲われ重傷を負った。彼の次男サイモンはそれを機に、次期首領を狙って父親と末弟を殺害。さらには長兄アランをも殺そうと画策する。アランは恋人を連れ香港に逃亡、そこで街のヒーロー・アンディと知り合い親友となる。やがて、サイモンの魔の手は香港にまで延びてきた。アランは怒りに燃え、アンディと共に再び銃をとって立ち向かうことを決意するのだった……。(allcinema onlineより)



アンディ、開始30分後にやっと登場。

その間いい味見せるのがレオン・ライ。この役が存在感があるというか、背中に背負ってる物がきちんと見えるというような役なので、あらあらこのままご活躍?と不安になってきました。

またこれも主役というより、脇の華なのか、という不安です(笑)



冒頭描かれるストーリーは、台湾マフィアの3兄弟の確執。殺伐とした争いの後、香港に身を隠した長男(アラン・タン)とアンディが出会います。



アンディは「兄貴」と呼ばれているものの、ま、ガキの集団のボスちゃまという感じ。

井の中の蛙っぷりをたくさん見せてくれて、苦笑いしっぱなしですゎ。

アランにも、ヤクザ者はこうあるべきと仕草の指南までしちゃう。

最初の30分でアランの凄さをたっぷり見せられているから、観ている方はとても恥ずかしいのでした。



途中、上半身裸にジーンズという姿でベッドに腹ばいになるアンディを、カメラが下からなめていくカットがあって、こりゃどう考えても女優を撮るアングルだろと、つっこみつっこみ。でもうれしかった。

こういうアンディの位置づけ、嫌というほどわかっております。期待しちゃってます。スーパーアイドルだもんね! 永遠支持!我愛你! (がはっ)



正直、この映画のアンディは人間的には深みのない役柄です。(!!) だからアランの方が、威厳といい、役どころの良さといい、目立つ。



アラン・タン、一度見たら忘れられない整った容姿の方。誰かに似てると思ったら、宅間伸だよ。もうそっくりです。ああそっくり。



前にもアンディの映画で見かけた顔だゾと思いあたったので調べてみたら、私の逆ベストNO.1映画「武闘派烈伝」の人ではないですかー。

アンディの映る(笑)最初と最後以外、ずーーと見ていたのがこの顔だった~。

どうもアラン・タンとの共演は相性良くないかも(出番少ないから)と、勝手な判断をしていたら、この方「欲望の翼」の製作総指揮を務めたらしくて。

あら、腕は確かね、とまたまたアンディ基準のジャッジを下しちゃいました。



見所は、ジュークBOX前で一人踊るアンディと、サービスカットかなー。

中身がなくても、裸がみられりゃそれでいいと言うあなたにおすすめの1本。

スポンサーサイト

| アンディの映画 | 13:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。