★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『マジック・キッチン』

F4 Film Collection マジック・キッチン F4 Film Collection マジック・キッチン
ジェリー・イェン (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


変変変変、声が変。サミーが普通のおねえさん声だし、アンディの声もなんで高いの?

公式ページにこんな注意書きを見つけました。

※ジェリーの生声が聞ける! 北京語ヴァージョンで上映

(アンディ・ラウら他の出演者は吹替えになります。)

…そうなのね、ジェリーの生声のためにね…。さもうれしいお知らせのように書いてあるのね。トホホ。

アンディは思ってたよりたくさん出てきました。元彼といっても、過去のシーンばかりでなくて、再会後の二人が絡んでいくから。

「F4フィルムコレクション」の名の通り、ジェリーの映画かというと、それも違ったような。彼が友情出演かと思ったくらい、アンディ&サミーの前では存在が薄かったです。ずっと頭にタオル巻いてたし(←やる気ないだろ)

うん、サミーの映画でしたね、これ。代々家に伝わる呪いから解き放たれて、過去の男も吹っ切って、そこにいたのがジェリーだったよん、サミーシアワセ、みたいな。

ジェリーに気持ちが傾いていく様子をもっと書き込んでほしかったなぁ。アンディ&サミーの過去話の方がよっぽどおもしろかったです。さすが名コンビ、見せてくれます。



北京語で下ネタを話す様子になんとも、違和感を感じました。ここにも無理な吹き替えの影響があったぞい。あ、でも一つ気に入ったセリフがありました。サミーの友達フーウェイのセリフ。

「ツボにはまれば1回で十分よ」 名言です。



さてさて、アンディ話に入りますよぉ。

ボーリングシーン、出てきましたね。姿勢が良すぎます。本気度を感じます。撮影、楽しかったんだろうなあ。

バスローブにめがねの組み合わせに、新鮮な喜びを見出しました。

バスローブには舘ひろしみたいに思ってたから、お坊さんのような頭のアンディが、さらにめがねまでして、一生懸命致そうとしているのが、「イケナイ事よ、およしになって」という気分にさせ、その結果異常に燃えたようです。以上、分析終わり(笑)



1番ドキドキしたシーン。

一人がけのソファーに座ったフーウェイ。その肘掛に座って、後ろからフーウェイのこめかみにそっとそっとキスを繰り返すアンディ。

ぎゃー。

こんなシーンが一つでもあると、映画を観てほんとによかったって思えます。



1番素敵だった顔。

フーウェイと別れ、ひとり駅のベンチで眠るアンディ。横顔が、表情が、最高です。

それと、

出た、千葉県。銚子電鉄仲ノ町駅。ポスターには館山の文字も。

山の手線じゃ、撮影も大変だろうからここにしたのかなーとか、乗りに行かなくちゃとかいろいろ。(新橋センチュリーホテル2301号室要チェックですね。泊まりに行かなくちゃとかも、いろいろ←ほんとにあるのかなー。)



ペプシケーキ確認しましたよー。F4って、ペプシのCMやってるから無理やり入れたのかしら。ジェリーの隣にはいつもペプシがあったし。想像してたより、量が少なかったんで、食べられそうです。いらないけど。



最後の料理対決も、全然迫力なかったですねー。司会役の日本人のお姉さん、もっと声を張って盛り上げましょうよ。

第一、サミーがいつもエプロンもしないで料理してるのが気になりました。ジェリーは頭に巻いちゃってたし(しつこい)



ヒコソもいたし、アンソニー・ウォンもいたし、スティーブン・フォンなる人も認識いたしました。いっそ、アンソニーさんと、どうにかなっちゃうのかとも思いました。最近のアンソニーさんは、渋くて素敵です。ハーフの濃さが影を潜め、アジア人がカラーコンタクトしてるみたいな、それくらいの濃さになってきたように思います。ちょうどいいです。



お正月映画なので、こんな感じが楽しくていいですよね。

ほんと、めがねバスローブにやられた1本でした。

新境地、開拓。

スポンサーサイト

| アンディの映画 | 13:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。