★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハリウッド版「無間道」

マット・デイモンとディカプリオの「無間道」(「THE DEPARTED」)が来年の春先に公開が決まったようですね。香港と台湾では11月24から上映されるそうです。

どんなシーンかな~
(公開映像 デイモンかディカプリオかわからん)

〈あらすじ〉
ボストン南部。刑事ビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)は、コステロ(ジャック・ニコルソン)が仕切るギャングのシンジケートへ潜入、一方、冷淡な犯罪者、コリン・サリバン(マット・デイモン)は警察へ潜入する。互いに組織の作戦を探り合う二重生活が始まる。待望の『インファナル・アフェア』ハリウッド版。(Warner Brosより)

〈もうちょっと詳しいあらすじ〉
州警察と犯罪組織の戦いが繰り広げられているボストン南部。
秘密捜査官のビリー(ヤン=ディカプリオ=トニー)は暗黒街のボス、コステロ(サム=ジャック・ニコルソン=エリック・ツァン)が牛耳るマフィアに潜入するよう命じられる。
ビリーがすぐさまコステロの信用を得ている間、一方でマフィアへの内通者として警察内部に潜入している冷酷な犯罪者コリン(ラウ=マット・デイモン=アンディ)は特別捜査課の一員にのし上がっていた。
それぞれの潜入先で行われる計画の情報を集め、それに対抗する作戦を実行するという二重生活にひどく消耗していく二人。
しかし、マフィアと警察内部に“モグラ(イヌ)”がいることが明らかになったとき、二人は突如危機にさらされる。
早くお互いの正体を暴かなければ…。自分自身を守るためのレースが始まった。 
(以上、Warnerのページをnatuが適当に訳)


台湾の新聞によると、香港版とハリウッド版は予想通りどうやら大きく違うようです。
仏教テイストの「無間道」がハリウッドで映画化されるのですから、「無間道」の全編にそこはかとなく漂う情緒的なものは、一掃されているのかな。

ラウやヤンがどうなっているのか気になってので写真を集めてみました。

仲良く並んで
(二人とも、大きいわよね、いや、西洋人的スタイルというか…)

マット・デイモンだい
(ラウなのよ、アンディよ!!)

サム役のジャック・ニコルソン(似てるかも)

ウォン警視役のマーク・ウォルバーク(??アンソニー・ウォンの方が西洋チック)

次のはちょっとネタばれかも~


さぁ、どのシーンでしょう!?
でもどうやら屋上から落ちるのはウォン警視役にあたる人ではないようです。
スポンサーサイト

| アンディ・ラウ | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。