★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

華仔のオススメ映画

「The Making of 墨攻」を借りに行ったのがきっかけで久しぶりにレンタル屋通いをしています。

そこで「SPA!」の記事に書いてあった華仔がリメイクしてみたいハリウッド作品
①「007カジノロワイヤル」
②「バタフライ・エフェクト」
③「君に読む物語」
のうち、まだ観ていなかった②「バタフライ・エフェクト」を観ました。

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション
アシュトン・カッチャー (2005/10/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

この作品、名前は聞いたことのあるものの、ジャケットも何かこう、暗く怖い感じで、華仔のオススメがなかったら絶対手にとっていない作品だと思いました。
バタフライ=「羊たちの沈黙」という連想で、そんな先入観をもったのかもしれません。

羊たちの沈黙<特別編> 羊たちの沈黙<特別編>
ジョディ・フォスター (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る



ところがどっこい、さすが華仔が気に入る作品。
最初は摩訶不思議な出来事がB級のホラーを感じさせるのですが、観ていくうちにこれはすごいぞ!と興奮していきます。

人間の苦悩・葛藤が描かれているところに華仔は東洋的思想に相通ずるものを感じ、リメイクしたらおもしろいと考えたのだと思うのですが、因果応報という観念もしっかり組み込まれていました。
こういう部分がアジア人の何かをくすぐるんでしょうか。

おもしろいです。
オススメです。


スポンサーサイト

| いろんな映画 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。