★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「亞洲電影票房巨星大獎」とはなんぞや

息子発熱にてパソコンから遠ざかっておりました。

アンディ、ステキな賞をいただいたようですね!

すりすり
(うれしそうなの)


でもアンディの受賞ってよくわからないままおめでとうって言ってる事がほとんどなので
(だってアンディがトロフィー持ってるの図ってよく見るし、音楽賞って場合もあるし…)、
んにゃ、とにかく今回は自分なりにお勉強してみました。

今回いただいた賞は
「アジア映画大ヒット俳優大賞」
(正式名:「亞洲電影票房巨星大獎」)

“票”って字からもわかるように、これは映画のチケットがよく売れた、つまり一番観客を呼んだ役者、劉華ってことみたいです。


それでこの賞は何と言う映画祭でもらったのかというと
 「香港国際映画祭」  (香港国際警察っぽい)

この映画祭は今年で31回目を迎えるアジア最大の映画祭。
今年は3/20から4/11まで行われているとのこと。

そしてその30周年を記念して今年から新設されたのが
「亞洲電影大奬」(アジア・フィルム・アワード)


このアジア・フィルム・アワードの特別賞としてアンディが上記の「アジア映画大ヒット俳優大賞」を受賞したのです。


そもそもその新しく作られた「アジア・フィルム・アワード」とはどんなものかというと、
“アカデミー賞に匹敵するような、アジア全体を代表する権威のある賞に育てようと設立されたもの”
“世界の国際映画祭ディレクターたちや映画評論家たち(17人)”による審査で
“アジア映画の最高峰が決定”されるものだそう。(以上ASIAN CROSSINGさんより転記)



はぁはぁ、ここまで頭の中整理できたでしょうか。
わたくし、自分で書いてみて初めてわかった次第です(汗)


ちなみに「アジア・フィルム・アワード」ではアジア各国からの作品がノミネートされており、日本映画からは
「武士の一分」(最優秀作品賞)
「明日の記憶」(最優秀男優賞~渡辺謙)
「嫌われ松子の一生」(最優秀女優賞~中谷美紀)
「花よりもなほ」( 〃 ~宮沢りえ)
「デスノート」(最優秀脚本賞)

忘れてならないのが
「墨攻」(最優秀男優賞~アンディ・ラウ)
ですゎ。


結果は中谷美紀さんが最優秀女優賞を受賞!!
コン・リーやチャン・ツイィーを押さえて一等賞をもらっちゃいました。
素晴らしい。(スポーツ報知)


話がそれてしまったようですが、こんなわけでアンディは栄えある賞をいただいたのでした。

おめでとう~華仔

スポンサーサイト

| アンディ・ラウ | 16:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。