★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吐息発見の旅①(前ブログコピペ)

2005.11.25

日記21日の達さんコメントにより、華仔の歌にはお宝ボイスがたくさん隠されていることがわかりました。

なのでわたくし、旅に出ます。

名づけて“華仔★吐息発見の旅”

「極度情慾」に続いて発見したのは・・・じゃじゃじゃんっ♪「忘情水」です。

このいわずと知れた名曲。大好きな曲ですねぇ。

この歌を聴きながら94年頃の華仔の顔を思い浮かべると、ものすごい酔えるんですよ~(笑)

何に?と聞かれたら、華仔わーるどといえばいいかなぁ。

94年といえば映画では「天と地」「酔拳3」。さらさらヘアのさわやか33歳の頃です。

なのに、なのに、吐息を・・・声少々息多めの吐息を、ギャップを見せつけるかのようにお披露目してくれてるのです。

達さんのアドバイス通り、イヤホン着用しましたよ~。

うわぁ、すごいっ。低音がいいのっ。耳元で後ろからささやかれてるみたい~(きゃぁぁぁ)

吐息はどこにあったかというとですね、リピートの後半でパーンって手拍子みたいな音が入るんですが、それにまぎれて「あー」って。(再現は息多めでお願いしますね)

ただですね、「極度情慾」に比べると一生懸命言ってます感があるんです。歌詞にあるアハーなんてほとんど棒読みだし。(礼儀正しいアハーです)

それにくらべて「極度情慾」といったら・・・(ぽっ)←顔赤らめてます。

本当につい出てしまったというようなァアッーで、その自然さが聴く側をより動揺させるのであって・・・。こんな感じなの、華仔?(←っていつのこと聞いてんだっ)

はぁはぁ、息切れしてきました。妄想は体力使いますね。

急激な成長を遂げる「忘情水」から「極度情慾」の2年間に一体何があったのでしょうか!? 

スポンサーサイト

| アンディの歌 | 11:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。