★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吐息発見の旅~よりみち編(前ブログコピペ)

2005.11.28

吐息を求めて、以前にもまして真剣にCDを聴くようになったおかげか、今日思わぬひろいものをしました。

Vision Tour 2004コンサートCDの「按摩女郎」で華仔が言う「唔該(ムコーイ)」というセリフです。

これ、ステージで女の人に着替えさせてもらいながら歌ってるのですけど、最後のほうでその方にお礼を言ってるんですね。

その声がなんともまぁ、優しい、あまーい声なんですの。んもー、いいっ。「また言われちゃったよー。後ろから耳元で言われちゃったよー。」と回転しちゃうようなシ・ビ・レを体験いたしました。

この時の華仔は役者はいってますね。それにこのセリフだけは会場より、DVDより、CDですわ。直、耳にきますから(笑)

それから「唔該」のあとに、「んふふ」「んはは」「んへへ」のどれもちがうんですけど(字でかけません)きっとはにかんで笑ってるんだろうなぁと思われる声もはいるんです。んー、これもグーッ。(親指たててね)

実はこのCD、初めての華仔CD大人買いで、コンサートDVDと間違えて買ったものなんです。デッキにいれて音だけの画面にしばし呆然としたあの日。悲しみの初心者です(泣)

なので、コンサートの様子がまったくわからないまま聴いてたわけで、客席のきゃーとか、華仔がやたら繰り返す「フォー」とかとっても気になって・・・。

この曲の入り方も「ビービー」「ブチュブチュ」とかいう音の後に悲鳴が聞こえて、えっ、ブチュブチュのほう?キスしてるの?とか頭の中大変。

実際は「ベリベリ」という衣装のマジックテープ(?)をはがす音だったんですけれどもね。

スポンサーサイト

| アンディの歌 | 11:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。