★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「戰神傅説/ムーン・ウォリアーズ」

戦神~ムーン・ウォリアーズ~ 戦神~ムーン・ウォリアーズ~
アンディ・ラウ (2004/03/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


さわやかなアンディを見たくなって「戰神傅説」を観ました。
ちょうどイルカと戯れるアンディのニュースも出ていたし、私的に「今だ!」みたいな感じで。
小さいからイルカ
(鴨川シーワールドでもやって!!)

初めて観たのは今からちょうど1年前くらいで、「無間道」の大人なアンディにやられたばかりの時期でした。
だからこの若い姿にはあんまりクラクラしなかったの覚えてます。(おぉもったいない)
アニタ・ムイも当時は苦手だったし…。

でも、今は大好き
ストーリーも今観ればしっかりしてるし(前は香港映画慣れしてなかったのです…)
変な無理もしてないし(しいて言えばアンディを背負ったアニタ・ムイの姿が、絶対アンディ立ってるよってわかったくらい?)
アンディ、やっぱりカッコいいし

いろんな資料によると、アンディ扮するフェイは“海の魚に育てられた伝説の男”とか“人より優れた能力を持つ男”って書いてあるんだけど、映画でそんな説明されてたかなぁ。
田舎の漁師なのにカンフーがめちゃくちゃ強かったり、馬に乗るのにも両手を広げて3メートル先から飛び乗っちゃったりするのは香港アクション映画だからだと思ってたけど、伝説の男だったからなんだぁ。へぇ~。
ここんとこもう少し丁寧に描いてくれれば物語に奥行きがでたのにな


スポンサーサイト

| アンディの映画 | 06:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。