★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“學友光年世界巡回演唱会07”・・・すごかった

ジャッキー~~~。歌、うまっ。
当たり前の事だろうけど、そんなこと百も承知でなお、「歌、うますぎぃぃ!!すごいぃぃ~。」と大感動させてくれた學友。
私の人生で學友の生歌が聴けた事は、ほんとに宝だ。

東京国際フォーラムの扉を一歩入れば、聴こえてきたのは中国語の声、声、声。
瞬間的に「アウェイ」を感じ一瞬ビビってしまったけど、この方たちはみんな故郷の大スター張學友をそれはもう楽しみにしてるんだろうなぁ。日本でやってくれてよかったなぁと、なんだか感動してきてしまいました。

少し遅れて始まったコンサート。
學友の頭は銀ラメ!!
ロックナンバーからノリよく始まり、踊る踊る踊る
腰、回す回す。
ミュージカルをこなすだけあって、すごくきれいなラインのダンスでした。

そして最初のMCは日本語!!!
もーありがたい。一生懸命練習してくれたんだぁと、影の苦労を思うと拝みたくなります。
そしてその後も全て日本語でやり通した學友。なんて素晴らしい!!
時々客席に助けてもらったり、恥ずかしそうに照れたり、舌を出したり、「日本語で私に何も聞かないで下さい」とお願いしたり、それはもう人柄のにじみ出るすばらしく愛らしいMCでした。

正直、學友のお人柄までは知らず、いやむしろ私のよく知っている學友は「いますぐ抱きしめたい」のアンディの邪魔をする弟分、「ベルベットレイン」の「あれれ、この人やっぱり黒幕!?」とおもわせるやはりアンディの敵っぽい仲間・・・。
ところがどっこい、ステージ上での學友はいい人であり、優しいパパであり、奥さん想いのよき夫であり、この上ないプロの歌手であり、とんでもない美声の持ち主であり、あぁ、また振り出しに戻ってしまいますが、生歌が聴けてよかった!!と余韻に浸るのであります…。

それにしても、ものすごい迫力のある歌声だったなぁ。
迫力といっても、叫ぶような怒声でなく、あくまでも甘い。
低音が特にたまらない。
膝の上においたバッグが常にびりびりしてるんですよ。
「あぁ音って波動だったんだ」と確認。
途中、ミュージカルのコーナーではとくにその声が聴けて
私は一人「すごい。すごい。すごい。」ってつぶやき続けてましたよ。
「ウィンターソング」の世界そのまま。
「你是愛我的」って強気な言葉と裏腹な切なさがにじみ出た歌声に、放心しました。

およそ3時間、30数曲のうち私が知ってて口ずさめたものはほんの一部でした。
でもでもその曲はすんごい楽しんだ!
「一千個傷心的理由」とか歌った。「非情夏日」は「オーアイエ、オーアイエ、オーアイエ、オオ!」は任せてって感じだった。最後の曲「吻別」は歌詞がスクリーンにでたから、無理やり読んだ。違ってても大声で歌った。
あーいう場は楽しんだもの勝ちだ~。

今日は朝から、いや、昨日の帰りの電車から學友づくし。
皆さんがよくおっしゃることですが「學友は生がいいっ」というのはホントですね。
CDではその声の深さ、厚さが十分に堪能できない気が…。
レコーディングスタジオでは狭すぎるのでしょうね。

といいつつ、少しでもライブ感を味わいたく、大音量にして車を走らせています。
そしてこれから、昨日の曲目チェックして、どのアルバムを買うか選定作業にはいりますっ。
あぁ、幸せの時間だぁ。


スポンサーサイト

| 雑記 | 10:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。