★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お次はリーホン

ジェイの次はワン・リーホン(王力宏)。

“オウリキヒロシ”と入力すれば
すぐ出てきてくれるわかりやすい名前がありがたい。

台湾音楽界でジェイと並んで男性2トップの二人。
私は思いっきりジェイと比較してのリーホン入門でした。

父母の不仲、離婚、母子家庭という環境で育ち
勉強や進学、就職で苦労し、デビューまでも順調ではなかったジェイ。

それに対し、お父様は医者、お母様は経営学修士、
兄はシカゴ大学医科大学院、弟はマサチューセッツ工科大学、
自身もバークリー音楽院卒の勉強よし、顔よし、育ちよしのリアル王子様・リーホン。
もちろん音楽の才能はあふれ、あらゆる楽器をこなす。


こんな彼の作る音楽、キレイすぎてつまんないんじゃない?って思っていたけど、
逆にその育ちのよさからくる素直さの表れた音が気持ち良かったんです。
「あぁ、青空の下で、私生きている。」という幸せを感じてしまう曲。


ジェイの音楽は切なくて苦しくて、
心の薄暗い部分を刺激されて「いっそ認めて涙を流してしまえ!」という
不可抗力に落とされる音楽。
どんなに明るい曲でも、いっつも切ない。

リーホンはどんなに切ない恋愛を歌っても、悲しい別れがあっても
「明日はまた晴れる」と思わせてくれる。
人生っていいと思わせてくれるのです。

家族や友達、多くの人に愛されて育ち
だからこそみんなを愛せる。
認められ、受け入れられて育ったからこそ
周りの人を尊敬できる。
そんな壊しようもない自己肯定がリーホンの音楽には表れていると思います。

要するに、聴いていると心がすっとしてくるような、
青い空に青い海でミント系のガムをかんだような、
そんな気分にさせてくれる歌を歌う人なのです。


初めて聴いたアルバムはこれ。
Heroes of the Earth (香港盤)Heroes of the Earth (香港盤)
(2005/12/30)
王力宏 (ワン・リーホン)

商品詳細を見る


裏声の美しい「Kiss Goodbye 」や
“這是愛 我們的愛~”のメロディが中毒になる「第一個清晨」はオススメ。
韓国のピ(Rain)とコラボした「完美的互動」はカッコよくてぜひ聴いてほしい。
これがきっかけでRainまで聴くようになりました。ついに韓流進出。


あと持っているのは
心中的日月(シャングリラ)心中的日月(シャングリラ)
(2005/09/21)
ワン・リーホン

商品詳細を見る


タイトルになっている「心中的日月」は中孝介もカバーしています。


最新作の
Change Me/改変自己Change Me/改変自己
(2007/08/29)
ワン・リーホン

商品詳細を見る

「落葉帰根」は映画『色・戒』の主題曲。
「我們的歌」は気持ちのいいテンポでつい電車の中でも体が揺れてしまう曲。
「星期六的深夜」はピアノとギターの静かな演奏にリーホンの透き通る声が甘く響く。
夜、本当に深夜を思わせる曲だな。


びっくり仰天したのがこれ
HEAR MY VOICEHEAR MY VOICE
(2004/06/23)
ワン・リーホン

商品詳細を見る


ここ数年で一番大きな「なんじゃこりゃ」を私に吐かせた仰天の全編日本語アルバム。
自分の耳を疑いました。
どこに日本人じゃない発音がありましょうか。
いじわるなあら捜しにも耐えうる完璧な発音。
このアルバムでリーホンの音楽的才能のひとつであろう耳のよさを納得させられました。
神様にたくさんの才能をもらって生まれてきた人なんですね。
でもちっともイヤミじゃないところがまたすごいじゃないですか。


スポンサーサイト

| 中華ポップス | 14:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。