★ラウラウ★だいありー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港コンサ 画像追加

長くなってしまうので別枠で画像追加します。

h


h


h


h


h


h


h


h


h


| 演唱會 | 18:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港コンサ-1日目

馬車馬のように日常をこなしているうちに
香港演唱會初日に突入してしまいました!!

ブログに遊びに来てくださる皆さまの中にも
参戦されてる方いらっしゃいますよね♪
昨夜の余韻にふらふらメロメロの朝をお迎えの事でしょう

わたくしはここ日本、関東、パソコン前にて
目を血走らせながら画像の収拾に燃えたいと思います

h
(オープニングは『天比高』この曲好きなんだよな~)

h
(ライトセーバーか雷様か)

h
(すでに感動で泣いちゃいそうに見えます)

h
(きゃぁ。エッチぃ。てかってる~。ぎゃらんどぅまであとちょっと。絶妙な見せ具合です)

h
(香港は大陸よりエッチだ。性の解放だわ)

h
(赤いソファーは健在。上で繰り広げられる妙技も健在)

h
(お姉さん、反対向きだったら容赦しませんよ)

h
(胸が。あごと胸が。)

h
(あぁまたしても)

h
(内腿に手を回すチャンスなんて一生ないですよね)

h
(ましてや腰に巻きつくことも)

h
(官能的な表情ですこと、二人とも(泣))


はーはー。
この辺で一息。
開演前の安全祈願です。

h


h


h



ご両親も観にきていらっしゃいました。
h



♪追加画像♪

h
(このあとわざわざボタンを外し、肩紐まで下げてくれたってこと!?感謝)

h


092615_1.jpeg
 (ピエロ華仔。曲はなんだったんだろう)


| 演唱會 | 10:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港演唱會のCM

香港ではこんなCMが観られるんですね♪

お茶の間に華仔。
慣れない、でもぜひ慣れたい感覚。

劉華Wonderful World 演唱會2007 電視廣告

聴こえてくるこの曲は?気になるぅ。

ポスター


| 演唱會 | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファン救出の一部始終

先日の中国巡演ツアー最終日、成都でのアクシデントの一部始終を移した動画が
今ネット上で話題になっています。
すでに60万人が観たようで、6千人のコメントが寄せられているとのこと。

私も観ましたが、まず、涙が出ました。
華仔、ものすごく怒ってた。
警備の方がきっと乱暴なことをするのが目に入ったのでしょうね。
歌の途中なのに、中断し、最後までとても厳しい表情でした。
決してこんな混乱を引き起こしてはいけない
決してこんな迷惑をかけてはいけないとあらためて思う映像です。

留言で、
ファンの男性が間違った事をしたこと。
華仔自身もそのために間違った行動をしたこと。
彼の行動に歓声が上がったことに傷つき、
掲示板で気持ちを吐露できなければどうにかなってしまいそうだった
などと、華仔が今回の出来事に心を痛めていることがわかります。

そう思いながら観ると
ますます悲しい出来事だったと灰色な気分になります。

こちら



| 演唱會 | 13:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勇敢にもファンを助け出す

一昨日の演唱會、中国巡演ツアーの最後でしたが
少しびっくりしたアクシデントが起こったようです。

というのも花束を渡しているこの男性↓s


ステージ下のガードマンの間をくぐり抜け、華仔に近づき握手をしてしまったんですね。
花束も手渡し…。

当然ガードマンたちは急いで彼を捕まえます。
10人以上のガードマンたちに一瞬の内に彼は取り囲まれました。

それを観ていた華仔は叫びます。
「やめて!手荒な事はしないでくれ!」
でもガードマン達は彼を取り押さえるのに必死で聞こえません。

そこで華仔がとった行動・・・それは2m以上の高さのステージから
その混乱の中へ飛び込んだんです。ファンの男性を助けに。

大混乱


ついにその中から男性ファンを助け出した華仔は、自ら男性を彼の席までエスコートし、
警官には彼に手荒な事は決してしないようにと伝え、ステージに戻っていきました。

その後舞台上で
「ガードマンや警官達が僕によくしてくれてるのはわかってたよ。
心配させちゃってゴメンね。僕は大丈夫さ!」
と話しました。

また
「どんなに熱くなっても、コンサートにはルールがあるんだ。
決してそれを破ってはいけない。
安全である事がとても大事なんだ。
もし僕と触れ合いたければそれはとっても簡単。
華仔天地に入ってくれればいつでも会えるんだよ」
と話したそうです。


最後のステージが大変なことにならなくて本当によかったです。
華仔のとっさの行動、瞬時の判断が功を奏したのかな。
冷静で熱い男華仔、やっぱりそん所そこらの人ではありませんね!


| 演唱會 | 14:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。